読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

なぜ自分だけがこんな目に遭ったのか、仏教の視点から考えてみる

f:id:kikuutan:20110218014812j:plain

 

【諦観(2)】


■『諦観』という仏教の言葉があります。

読んで字の如く、「諦らかに観る」。

なぜ自分はこんな目に遭っているのか、

その原因を明らかに見ることをいいます。

 

■「何でこんなつまらない仕事を続けなきゃならんのだ」

「どうしてあんなくだらない上司の元で働かねばならんのか」

と飲み屋でぼやく人がいます。

嫌なことや辛いことがあると、

「どうして私だけが」「何でこんなことを」と

思わず口について出てきます。

 

■しかし冷静に考えてみれば、その仕事を選んだのは、

他ならぬ自分自身です。

他の人のせいではありません。

 

■「いや、第一志望ではなかった、そもそも入りたくなかったが、

志望先の会社に行けなかったから仕方なく、あの仕事になったんだ」

と言うのなら、第一志望に何が何でも行きたいという

信念や努力が足りなかった、ということではないでしょうか。

 

■「親の希望でどうしてもあの会社に行けと言われたから」

と言う人はありますが、

親に順って、この会社にしようと決めたのは、やはり自分です。

 

■さらに今も転職せずに、そこに居続けているのも

自分の判断でしょう。

居酒屋で一杯やる時間返上で、退職後の独り立ちを目指して

仕事後、懸命に本読んだり、パソコンに向かったりしている人も

たくさんいるのですが、そういう道を選ばないのも、

自分の決めていることです。

 

■さらにその会社にいる人はみんな

「くだらない上司に八つ当たりされているのか」というと

そうではない。

上司に感謝し、同僚にも恵まれ、社内で素敵な人と結婚できて、

この会社には入れて良かったという人も、いるものです。

 

■なぜ他の人はそうなっていないのに、

自分はそんな目に遭っているのか、

その差は何だったのか、

その原因を見つめることは辛さが伴いますが、

その原因を明らかに見る『諦観』は、

現状打開の偉大な一歩です。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。