親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

逆境は人を鍛錬する

f:id:kikuutan:20161126200555j:plain

 

■宇宙の無重力空間では、

数週間で20~30パーセント筋肉量が減少するそうです。

宇宙で筋トレをしないと、地球に帰ってきた時に

歩けなくなるそうです。

筋肉は使わなくなると、すぐに衰えてしまうのです。

 

■脳は生まれた時には、140億個の神経細胞がありますが、

20歳から1日10万個死滅するといわれています。

1秒間に1個、1年で3650万個、

3年で1億個の細胞を失うことになります。  

しかし頭を使うと、神経細胞同士がつながり補い合って働きます。

頭を使わなくなるとつながり(ネットワーク)も弱まり、

働かなくなります。

 

■負荷がかからないと、すぐに脆弱になるのは、

筋肉や脳だけではありません。

仕事もすべて上手くいっている状況より、

頭を悩ませる一つ二つあった方が、

通常モードだと思いますし、

人間関係も、自分を嫌う人がいたり、適度のもつれがあるくらいが

健全な状況ともいえるかと思っています。

 

■あらゆることにおいて、ある程度の負荷がないと、

後からが大変になります。

万事順調、一切悩みなしの状況は、

実は歓迎すべきものでもないのです。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。