読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

仏の眼には、人種も性別もない

f:id:kikuutan:20170113215425j:plain

 

【凡夫(1)】


人間の事を仏教では『凡夫』といいます。

凡夫のことを

「欲も多く、怒り、腹立ち、そねみ、ねたむ心多い者」

親鸞聖人も説かれています。

 

世界中の人口が74億人に迫ろうとしていますが、

何人いようが「みな凡夫だ」と仏教では説かれています。

 

シェークスピアの劇では

王様役、商人役、騎士役から、農民役もあれば、

乞食役も出てきます。

ところが楽屋に帰れば、みんな同じ役者仲間です。

乞食役が王様役に「なんじゃ今の演技は!」

と叱っていたりもします。

 

人間本質的には何ら違いはないのですが、

まわりのレッテルに錯覚してしまうのでしょう。

首相官邸を、何十万のスーツを着て、

数多くの報道記者に囲まれて登場する安部首相を見れば、

さすがは一国の首相だ、とステキに思うでしょう。

しかし安部首相に、青い作業服着せて、

玄関口に立たせて「電気工事に来ました」と言わせたら、

これまたよく似合いそうな感じもします。

 

~会長だ、~署長だ、~大臣だと、

立場や身分のレッテルを貼られると、

周りも「偉い人だ」と誤解し、

本人も、ひとかどの人物になったかのように錯覚していきます。

厳に警戒しなければならないと知らされます。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。