読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

「この人、魅力的だな」と思う瞬間の一つ

f:id:kikuutan:20130302065650j:plain

 

【禅定】


仏教で教えられる六度万行の一つに『禅定』があります。

「禅」は「しずめる」、「定」も「定める」こと。

散乱する自分の心をしずめ、定めることをいいます。

人のことばかり「あいつが悪い」と非難する心をしずめる。

そして自分はどうか、と振り返る、ことです。

 

人に迷惑をかけて糾弾される時は

自分の人生にも幾度となくあります。

そんな時に

「おれだけじゃないよ!」

「あいつの原因のほうが本当は大きいのに 」

「どうやってたいした問題じゃないとごまかそうか」

こんな心が山ほど出てきます。

 

そんな心との戦いは今までの人生で何度も経験していますので、

人と接していて「この人、魅力的だな」と

心揺さぶられることの一つに、

心から謝罪している姿があります。

 

最近でもそういうことあったのですが、

自分の先輩が、ある失態をした時に、

何の自己弁護もされずに、後輩の私達に謝罪されたのです。

 

 

その先輩の直接のミスではないのに、

そこまでしっかりとされる姿に深く感動しました。

 

『迷惑をかけたら、素直に「すみません」と

 頭を下げられる人は、皆から仰がれる』

と聞いたことがありますが、本当だなとつくづく実感しました。

 

その先輩のように、歳を重ね、立場ができると

人に頭を下げさせることが多くなり、

逆に頭を下げられなくなってくるのが普通だと思います。

言い訳も責任転嫁も上手にできるようになるでしょう。

そんな人がいさぎよく、誠心誠意謝罪されるのに感動し、

同時に「お前にできるか!」と

頭叩かれたような気持ちになりました。

仏法者として、『禅定』に努めていきたいと思います。

 

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。