親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

笑う者も続けて転ぶ雪の道

f:id:kikuutan:20170202203638j:plain

 

【口業(1)】


今の季節、積もった雪や凍った道に

足をとられることも多いです。

北国の冬を私もまだ慣れているとは言えませんので

転ばないよう、気を付けたいと思います。

 

「笑う者も 続けて転ぶ 雪の道」

という歌があります。

雪道を歩いているとき、目の前で転んだ人を見て、

ああ、転んじゃって。気をつけないから……

と笑った人が、やはり同じところですべって転ぶ、という歌です。

 

首相や大臣の失言により、辞任に追い込まれるのを

もう何度繰り返し見ていることでしょう。

「○○大臣の発言は人間としての品格にかける」

とコメントしていた政治家が

やはり閣僚になって、同様の問題発言をしている。

 

転びやすいところでも、自分は大丈夫とうぬぼれて、

続けて転んでいる雪の道さながらです。

 

いや、そのようにニュース見て大臣の問題発言を笑ったり、

非難している私たちも、

問題発言をして職場での支持率が落ちたり、

家庭での失言で家族から辞任勧告を受けたりしますので、

これまた他人ごとではありません。

自戒してまいりましょう。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。