読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

モンスタークレーマーへの対処法を釈迦が説かれている

f:id:kikuutan:20060201034058j:plain

 

【口業(2)】


「怪物と戦う者は、その際自分が怪物にならぬよう気をつけるがいい」

とは、ニーチェの言葉です。

他人の欠点をずけずけと批判する人は、どこにでもいるものです。

そんな人は教師や店員から、

モンスターペアレント、モンスタークレーマーと恐れられます。

それらモンスターたちに、むきになって非難中傷の応酬となれば、

いつしか自分の心も荒み、

自分もまたモンスターに変貌してしまうでしょう。

 

お釈迦さまにこんな話があります。

あるとき、外教徒の若い男がお釈迦様の所にきて、

さんざん、悪口を言った。

黙って聞いておられた釈尊は、

彼が言い終わると、静かにたずねられた。

「おまえは、祝日に、肉親や親類の人たちを、

招待し、歓待することがあるか」

「そりゃ、あるさ」

「親族がそのとき、おまえの出した食べ物を

食べなかったらどうするか」

「食わなければ、残るだけさ」

「私の前で悪口雑言ののしっても、私がそれを受けとらなければ、

その悪口雑言は、だれのものになるのか」

「いや、いくら受けとらなくとも、与えた以上は与えたのだ」

「いや、そういうのは与えたとは言えない」

「それなら、どういうのを受けとったといい、

どういうのを受けとらないというのか」

「ののしられたとき、ののしり返し、

怒りには怒りで報い、打てば打ち返す。

闘いを挑めば闘い返す。

それらは与えたものを受けとったというのだ。

しかし、その反対に、なんとも思わないものは、

与えたといっても受けとったのではないのだ」

「それじゃあなたは、いくらののしられても、腹は立たないのか」

釈尊は、おごそかに、偈(うた)で答えられた。

「智恵ある者に怒りなし。

よし吹く風荒くとも、心の中に波たたず。

怒りに怒りをもって報いるは、げに愚かもののしわざなり」

「私は、ばか者でありました。どうぞ、お許しください」

外道の若者は、落涙平伏し帰順した、といわれています。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。