読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

幸福になるのは一瞬で事足りる、と説く仏教

f:id:kikuutan:20170204214552j:plain

 

【平生業成(1)】


仏教は一貫して

【結果には必ず原因がある】

【原因なしに起きる結果は絶対にない】

と教えます。

平たい言葉で言えば、

「まいた種は必ず生える。まかぬ種は絶対生えぬ」

ということです。

これが「因果の道理」という、仏教の根幹を成す教えなのです。

 

結果が異なるのは、原因が異なるからです。

一方はスイカ、一方はメロン、と実った果実が違うのは、

まいた種が違うから。

「まいた種」という原因が異なるのですから、

生じた結果が異なるのは当然です。

 

「なんであいつは恵まれるんだ」

「どうしてオレだけこんな目に」

と受ける運命の違いに首をかしげる人はありますが、

その差は、その人その人の種まき(行為)が違うからです。

十人十色、みな種まき(行為)が一緒ではありませんから、

一人一人違った運命が生じるのです。

 

「ではオレが不幸なのは、不幸になるような種まきを

 オレが過去にしてきたからというのか」

と訊いてくる人があれば、

「その通りです」

仏教は答えます。

 

「じゃあもう過去に戻ることはできないから、

 そんな種まきをしてきたオレは、ずっと不幸なのか」

と訊かれれば、

「それは違う」

仏教は説きます。

 

なぜなら、これから先ずっと不幸かどうかは、

今からの種まきによるからです。

これを『因果経』には、

「未来の果を知らんと欲すれば、現在の因を見よ」

と説かれています。

 

過去は変わりませんが、

未来は現在によって変えることができます。

特に仏教では、現在ただ今

「ある心」が「ある心」にガラリと変われば【原因】、

その時その場で、壊れることのない絶対の幸福になれる【結果】

と教えられています。

 

また先ほど、「過去は変わらない」と言いましたが、

「過去の持つ価値を変える」ことはできます。

過去に流した悲しみや後悔の涙の一切も、

この身になるための出来事だったのか、と

真珠の玉となって戻ってきますから、一切の過去に感謝できます。

自分の過去にかけがえのない価値が生じるのです。

だから【現在】こそ、

【過去】と【未来】を輝けるものにする鍵なのです。

 

私たちは過去からずっと

「私を幸せにさせない心」を抱えています。

その心が現在ただ今、闇が晴れるように

ぱっと無くなったとき、

絶対の幸福に心が生まれ変わります。

これを親鸞聖人は「平生業成(へいぜいごうじょう)」

といわれました。

【平生】生きている現在に、【業】「人生の目的」が

【成】完成する、ということです。

仏教は生きている現在の教え

幸福になるのは一瞬で事足りるのです。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。