読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

どんな先見性のある人でも見落としている「人生の死角」とは

f:id:kikuutan:20170209194952j:plain

 

【生死の一大事(1)】


私は毎日のメルマガを、朝8時に配信されるように、

前日に書き上げ、配信予約しています。

今から約6年前、東日本大震災のあった3月11日も、

午前中に、翌日の朝8時に配信されるメルマガをセットしてから

昼に浦安で人と会い、その浦安で地震が起きました。

 

交通機関が麻痺する中、なんとか帰宅したのが夜中の1時。

翌朝、配信予約していたメルマガが、

読者の方に一斉に配信されました。

その内容は夫婦間の人間関係の内容でしたので、

配信された後、何人かの読者の方から

「こんな国難の時期にあなたはこんなことしか書くことないのか」

とお叱りいただきました。

確かにご指摘の通りで、夜中に帰宅した後、

配信予約解除しなければならなかったと反省いたしました。

 

配信予約は便利なのですが、予約した後に

思いも寄らぬ大事(全てのテレビがその報道一色になるようなこと)

が起きて、国民の関心がそれ一つになったような時に、

不適切な内容を配信してしまうこともありますので、

気を付けなければなりません。

 

場合によっては、配信予約してから、

みなさんのお手元にメルマガが届く翌朝8時までの間に

私が不慮の事故などで「死ぬ」ということもあり得ます。

そうなると、死んだ人から、

「おはようございます、菊谷隆太です」と届き、

「最近、何々に凝ってます」とか

「今月はこんなことに心がけます」とか、

近況などの書かれた内容をみなさんは読まれることになるのです。

 

縁起でもないことを、と思われる方もあるかも知れませんが、

一億総情報発信時代で、SNS、ブログで自らの日常を

発信する時代ですから、今後そういうことは

「よくあること」になっていくでしょう。

 

以前、ガンにかかった人から聞いたことですが、

その方は治療していた時期、励みになるからと、

ガンの闘病患者のブログを読み始めたそうですが、

ブログが突如終わったりすることがあったそうです。

その後、家族が代筆して本人の死を書き込んだりすることがあり、

怖かった、と言われていました。

 

つい先日も18歳のアイドルの急死が報道されましたが

亡くなる前日もSNSで近況をアップしていたとのこと。

毎日「どこへ行った」とか「何食べた」とか、

「今度こんな仕事します」とか、「今後の目標はこうだ」など

アップして、彼女の日常が連綿と流れていたそのSNSは、

突然ぷつんと断ちきられました。

 

SNSには、その人の言葉と写真とで、その人の日常が綴られ、

一人一人に、人生のドラマが次々と展開されていき、

時にそれを見て応援したくなったり、憧れたりします。

ただ映画やテレビのドラマと違うのは、ドラマなら、

クライマックス、エンディングと進んで一件落着ですが、

現実の人生の場合はそうではない、

何の前触れもなく、死によって突然終わるのです。

没頭して観ていた映画が、突然の停電で終わってしまうように、

テレビで観ていたドラマが、突然、誰かにコンセントを抜かれて

終わってしまうように、

「今からいいとこだったのに」といった、こちらの都合は

全くお構いなしに、人生は終わるのです。

その突然の瞬間はいつやってくるか、誰も予測が立ちません。

 

昨日から今日、今日から明日、

昨年から今年、今年から来年と

私たちが進む人生行路の前途には、目先のことでも、

やりたいこともあれば、やらねばならないこともある、

長期的展望に立って、目指す目標や準備している案件もあり、

あれこれ智恵を絞って進んでいくのですが、

その私たちの背中に「死」が隠れています。

ぴたっと後ろに寄り添って、ある瞬間に、

それは突如眼前に現われるのです。

しっかり先を見据えて真摯に人生行路を進んでいる人でも

見落としている、いわば、人生の死角です。

だから皆、全くの想定外の事態に、

ただ呆然自失するしかないのです。

 

シッダルタ太子(のちのお釈迦さま)が、

人生の死角となっている「死」の大問題に驚き、

その解決の道を求めて城を出られたのが29歳の時でした。

そして35歳、その生死の大問題を解決されて

ブッダとなられ、説かれた教えが仏教です。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。