親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

デモクラシーを窒息させるものとは

f:id:kikuutan:20170212195851j:plain

 

 

【出世本懐(1)】


フェイクニュースの危険性について、

最近取り沙汰されるようになりました。

オバマ元大統領が、昨年11月の記者会見で

事実無根の「ホラ」や「騙り」を流布する

“post-truth”といわれるフェイクニュースの隆盛を、

「デモクラシーを窒息死させるもの」と強い憂慮を示しました。

 

そのフェイクニュースの温床として指摘されるのが、

フェイスブックなどのSNSです。

確かに真偽が定かでないが、非常に目を引く情報が、

私のフェイスブックにも飛び込んできます。

「本当かい!?」とついクリックしてしまいます。

SNSで次々とシェアされて飛び交う情報は、

発信源が特定できず、実に無責任な記事ですが、

「マスコミが明かさないここだけの真実」という触れ込みが、

かえって信憑性を演出するのか、

使命感に燃えてシェアする人も多くあります。

今後ますますこの傾向は高まるでしょう。

それがアメリカ大統領選にも明らかな影響を及ぼしましたし、

それどころか、トランプ自身が「マスコミは嘘」と公言し、

自身のSNSのつぶやきで世界を振りまわしています。

 

寝返りのウソ情報を敵の城下に流したりして、

敵を疑心暗鬼にさせたりするのは、

武田信玄徳川家康が得意としたところですが

今や国規模で、世界規模でそんな戦略が立てられています。

 

さればといってテレビ、新聞などのマスコミが信用できるか、

といえば、わずかな「大富豪」が世界の富を独占、

といういびつな世界ですから、

それらの大富豪の都合のいい情報の操作がなされていることは

明らかです。

ではどの情報を信じていいか、

ますます不透明さの増す時代になってきました。

 

情報を取捨選択する確固たる基準が自分の中にないと、

あっという間に大衆の勢いに流されてしまうか、

あちこちの情報に付和雷同で機を逸するだけになるか、

になるでしょう。

特に世界中で巧みな情報操作が飛び交い、

大衆がものすごい勢いで一気に一つの方向に流れていく現代では

なおさら自己の判断基準となる柱を築くことに

真摯に取り組むべきです。

 

その時には、

「何のために生まれてきたのか」

「何をすれば人生悔いなしといえるか」

という自己の哲学から始めなければならないのは

ハッキリしています。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。