親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

我が身知らずも甚だしいと説かれる釈迦の教え

f:id:kikuutan:20090403141958j:plain

 

【法鏡(1)】


仏教は「私とは何か」に迫る教えです。

『法鏡』といわれる所以です。

 

「私とは?そんなもん。。。

 自分のことくらい自分が一番よく知ってるさ」

と一蹴する人もあるかもしれません。

 

「別に他人に聞かんでも自分のことでしょ?

 自分以上に知っている者がいるかい。」

と言いますが、

果たしてそう言い切れるものでしょうか。

 

ある奥さん、夫の大きないびきが気になって腹が立って眠れない。

「あなたのいびきがうるさくて眠れないわ」

と訴えますが、夫は全く身に覚えがない。

「そんなはずがない」の一点張りだ。

それなら、と証拠を示すため、

奥さんは寝室に録音機をセットして休みました。

 

翌朝、夫の前で昨晩のテープを再生すると、

まげれのない夫の高いびき。

愕然としている夫に、

懲りるまでずっと聞かせてやれ、

と流し続けていると、

やがて続いてもう一人、奥さんの、

さらに大きないびきと寝言が聞こえてきた、といいます。

 

『謗るまじ たとい咎ある 人なりと

   わが過ちは それに勝れり』

「あいつの言葉が人を傷つけている」

「あの人は周りの迷惑を考えていない」

「我が身知らずも甚だしい」

と腹を立てていますが、

自分も同じようなことを言って人を傷つけたことはなかったか

同じようなことをして周りに迷惑をかけたことはなかったか

もっとひどかったのではなかったか、

振り返ると思い出されてきます。

 

それでいて己を棚に上げて

人の欠点ばかり指摘したくなるのですから

我が身知らずはどっちだ、と知らされてまいります。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。