読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

仏教でなぜ「本当の自分とは何か」が徹底して教えられるのか

f:id:kikuutan:20110708131413j:plain

 

【法鏡(2)】


仏教には、諸行無常(すべてのものは続かない)とか

煩悩(欲や怒りやねたみの心)など、

人生の実相や人間の本当の姿について

懇切丁寧に教えられています。

よって仏教を伝えるこのメルマガ・ブログも、

続けて読まれている方はよくご存じのように、

人生のありのままの実相を

様々な角度からお話ししています。

 

すると仏教を聞かれる方の中から、

「だから何?」「で、結局何したらいいの?」と

具体的に何をしたらいいのか、

方法論を聞かせてくれ、と言われる方があります。

 

私たちは子供の時から

「あーしなさい」「こーしなさい」と親に言われ、

学校に行けば一年間のカリキュラムに添って

「ここまでにあーしなさい」と教師から背中を押され、

会社に入れば、昇進や昇給したかったら

「こーしなさい」と上司から指示され、

起業したらしたで、多くの成功者と言われる人たちから

「こーしたらいい」とアドバイスを受け、

常に「How」「どうしたらいいか」

方法論を聞かされてきました。

だからでしょう。

すぐに「どうしたら」の答えを求めようとします。

 

しかし仏教では「方法」の前に

「本当の自己」はどんなものなのか、

そこを徹底して説かれています。

仏教を『法鏡』(真実の姿を映す鏡)と言われる所以です。

それは自分の真実の姿が分からなければ、

どんな方法論を聞いたって、

本当の幸せにはなれないからです。

 

本当の自分を見失っている「HOW」は、

本当の「HOW」ではない、と釈迦は厳然と説かれています。

それはちょうど正しい診断をせずに、

やみくもに治療法に取り組んでいるようなものです。

 

逆に、正しい診断がなされ、病の原因を突き止めれば、

全快できるように、

本当の自己がはっきり知れば、

本当の幸福になる道もはっきり照らされます。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。