親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

なぜ仏教は本当の自己の姿にこだわるのか

 

 

 

f:id:kikuutan:20170318185517j:plain

 

 

【法鏡(3)】


お釈迦さまは「仏教は法鏡なり」と説かれています。

「法鏡」とは、「真実の姿を映す鏡」ということです。

「常に欲と怒りの心に振りまわされていること」

「いつ死ぬかわからぬ、はかない命であること」

など仏教で赤裸々にされる人間の本当の姿は

時に私たちが目を背けたくなるほどですが、

お釈迦様がそのように説かれるのは、

私たちをいたずらに暗く沈ませるためではなく、

現在の人生に、真の安心と満足をもたらす第一歩だからです。

 

今日ネットで出回っているエクスタシーなどの麻薬は

服用後30分で幸せな気分になり、

赤の他人とですら、すぐに親密感が生まれるそうです。

元々はベトナムの戦場から戻った兵士のトラウマを抑えるために

開発された薬ですが、今は市民に出回りました。

脳細胞からセロトニンシナプスへ放出し、

またセロトニンが脳細胞に再吸収されるのを防ぎ、

約3時間~5時間にわたって幸福感が続きます。

しかし繰り返し使用すると

通常のセロトニンの伝達が阻害されていきますので

悪質な副作用を覚悟しなければなりません。

これでは怖くて、手を出せません。

 

ではもし今後、副作用がまったくなく

死ぬまでずっと多幸感を得られる薬が開発されたとしたら、

どうでしょう。

あなたはそれを飲み続ける人生を選びますか。

 

ハーバード大学の哲学者ロバート・ノージック

「経験マシーン」という架空の例を用いて

この点について有名な考察をしています。

脳の快楽部に何らかの電波が送られ、

何もしないでも快楽感、幸福感が感じられるというマシーンです。

このように何もしなくてもマシーンの力で

快楽を感じるような人生を送りたいか、

と学生にアンケートをとると

同意するのはごく少数派だったそうです。

 

人間は幸福を追求して、科学、医学、経済、法律、

あらゆる努力を続けてきたのですから、

薬物やマシーンの力で幸福感をずっと感じられるなら、

それこそ科学の最高の形ではないかとも思えますが

なぜかそれを拒む学生の、その気持ちは、

真実を知りたい、そしてかりそめの安心や満足ではなく、

本当の安心、満足を求めたいという、

仏教でいうところの「菩提心」といえましょう。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。