親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

おカネはあの世に持っていけませんからね。残酷なものです

f:id:kikuutan:20170323212134j:plain

 

【出世本懐(1)】

 

かつて日本国内の長者番付で上位に入った不動産会社の社長は、

70歳を過ぎてからこんな思いを抱くようになったと、

雑誌社の取材で答えています。

「70歳を過ぎた瞬間に、すべてが虚しくなりました。

自分の人生を振り返って、人間として今後いかにあるべきか

を考えるような年齢に達したんです。

いまの商売はもう広げません。後片付けの段階ですね。

私の友人でも、資産家が4~5人いましたが、

みんな50歳前後で逝ってしまいました。

みんな、いまが永遠に続くと思っていたんですが、

おカネはあの世に持っていけませんからね。残酷なものです」

 

この方は70歳まで、商売を広げ、高収入を目的に、

人一倍突き進んでこられたのでしょうが、

己の死を見つめられた時

「おカネはあの世に持っていけない」と直感され、

すべてを虚しく感じられたのでしょう。

 

この方だけではない、

みな財産と名誉を追い回し、日々、一喜一憂していますが、

そんな日常のまどろみに、突如として「死」が襲います。

一人一人の眼前に「なぜ生きる」と突きつけられる時です。

その時、今までの信念は総崩れになり、

底知れない闇に一人ぼっちで向かう己の姿に愕然とするのです。

 

そんな闇黒の死がいつ襲いかかるか分からないから、

何をどこまで手に入れても、常に人生が虚しいのだよ、と

釈迦は説かれています。

 

この真実に驚いて仏門に入った人のエピソードを紹介して、

今日の内容としたいと思います。

========

京都の紀伊国屋亦右衛門は若い頃、大きな商家で働いていた。

非常に才気があり利口だったので大変可愛がられた。

あるとき主人が亦右衛門を呼んで言った。

「おまえはいかにも商売向きの才能を持っている。

金百両を与えるから、思う存分好きな商売をやって

一千両にしたら帰ってこい」

 

大層喜んだ亦右衛門は、早速、商売に出かけた。

初めから大きな商売をしては失敗するかもしれぬ。

小さい商いから始めて確実に利益をあげてゆこうと考えて、

まず紙屑を買ってちり紙にすき直して売った。

三年間に三百両でき、五年間でついに千両の財産を作った。

「先年頂きました百両で、千両の資本を作りました」。

亦右衛門は帰ってお礼の挨拶をした。

 

主人は彼の商才に感心して、

「才能のある人間だと見込んではいたが、驚いた奴だ。

今度はその千両で一万両作ってみないか」と激励した。  

五、六年して亦右衛門は、言われたように一万両にして帰ってきた。

主人は驚嘆して今度は十万両にせよと言ったので、

三年後にそれも成し遂げた。

 

ますます欲が深まってきた主人は、

さらにそれで百万両儲けて帰れと命じた。  

この時、亦右衛門は、

「十万両を百万両にするのは百両を一万両にするよりも

容易いことですが、命あっての金であります。

どれだけあっても金は、これで十分とは思えません。

人間の欲には限りがない。

限りなき欲の奴隷に私はなりたくはありません」。

きっぱりと主人の要望を断り仏門に入ったという。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。