読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

与えることだけを考えられた阿弥陀仏

f:id:kikuutan:20170511205940j:plain

 

 

【摂取不捨(1)】


昨年末の大掃除では思い切っていろいろ捨てて、

部屋の中がすっきりしました。

整理整頓の「こんまり」さんの、

「ときめかなかったら捨てる」を見習い、どんどん捨てました。

その時思ったことですが、

私たちは日頃いろいろなものを捨てながら生活しています。

着たいと思わなくなった衣類、壊れた電化製品など。

要らないものは捨てます。

交際相手と別れたり、社員を解雇したりと

人を捨てることもあります。  

 

捨てるか、捨てないかを決める基準は、

私たちの都合、損得勘定です。

自分にとって得なら「捨てない」、損なら「捨てる」

それが私たちの基準です。

 

親鸞聖人が阿弥陀仏の本願を

「摂取不捨の真言」と仰っているのは、

絶対に私を見捨てない願いだからですが、

阿弥陀仏が「絶対捨てない」と誓われていることに、

阿弥陀仏の「都合」は一切ありません。

私を捨てないことが、阿弥陀仏にとって

何の得があるのか、というと、全くない。

ただ与えることだけを考えられ、

苦しみ悩む者を救うことしか頭にないのが、仏の大慈悲です。

 

この如来の大慈悲を知らされた親鸞聖人は

如来大悲の恩徳は身を粉にしても報ずべし」

阿弥陀如来の洪恩は、身を粉にしても報い切れない」

と感泣されたのです。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。