読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

優しい気持ちの中にも、恐ろしい心が混じっている

f:id:kikuutan:20170512203228j:plain

 

 

【虚仮(1)】


和牛の高級ブランド「松坂牛」は、美味しい霜降り肉にするために、

畜産農家が牛にビールを飲ませるのは、よく知られています。

他の生産地でも、美味しい牛肉にするために、

有機で健康的な飼料にしたり、ブラシをかけたり、

牛がストレスを感じない環境で育てたりと、

お金と手間をかけることを惜しみません。

 

牛に名前をつけ、我が子のように呼びかけては

顔を撫でたりする農家の人の姿を見ると、

一見、牛をかわいがる動物愛護者に見えますが、

やがてその牛は屠殺業者に買われ、

その時、肉に少しでも高い値がつくようにするための

ビールであり、ブラシであり、飼料ですから、

牛がかわいいから、ではなく、

自分の財布がかわいいからではないのか、

と言われても仕方ないでしょう。

 

宮崎県の狂牛病騒動の際、狂牛病の疑いありということで、

行政により、何千頭の牛が殺処分されたことがありました。

牛を飼育している畜産農家の男性が

「あんまりだよ、別に狂牛病になったわけでもない、

ただ疑いがあるというだけで殺すなんて、牛がかわいそうだよ」

と目を赤くして、声を震わせていた場面を

テレビで見たことがあります。

そのご本人の様子からも演技ではなく、

本当に牛をかわいそうに思っているのはわかりますが、

その涙も、純粋に牛がかわいそうなだけで流したとは思えません。

なぜならその牛はたとえ狂牛病の嫌疑がなくても、

早晩、屠殺され、食肉となっていたのですから。

その涙には、自分の財布がかわいそうで流したものが

多分に含まれているのも、これまた否めないでしょう。

 

このように人間の情や慈悲心は清らかに見えますが、

心の底には、恐ろしい欲や怒りの心が見え隠れしています。

ただ普段それに気付かないで過ごしているだけです。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。