親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

AI(人工知能)のご神託を聞く時代は来るか

f:id:kikuutan:20170609203538j:plain

 

 

【人身受け難し(4)】


識者の中には、AI(人工知能)の神格化を恐れる声も

あがっています。

政治家がプログラムをいじって、

恣意的な結果を出せるにもかかわらず、

「これはAIに基づいた判断だ」といえば、

反論しにくくなり、その主張が通ってしまう世の中になるのでは、

という危機感です。

 

ちょうど権力者が巫女や預言者と結託し、

「ご神託があった」として、自分の主張を通そうと

するようなものです。

歴史上、何度も繰り返されてきたことが、

今度は「AIのご神託」となって表れるのではないか、

という危惧です。

 

確かにAIの暴走を危惧するSFもよりも、

当面すぐに起きてくることは、AIを用いて、

私腹を肥やそうとする人間の暴走です。

 

本来、科学技術は良いものでも悪いものでもありません。

「ナイフはパンを切ることができるが、人を殺すこともできる」

ナイフ自体に善し悪しはありません。

それを使う人間の心によって、便利な道具ともなり、凶器ともある。

それと同じで、AIが恐ろしいというよりも、

AIを利用する人間の心に怖ろしい鬼が棲むのです。

釈迦は、人間の【欲】と【怒り】と【愚痴】を、

青鬼・赤鬼・黒鬼と教えられています。

 

こんな時代だからこそ、一人一人が自己の心を真面目に見つめ、

どうしたら鬼の心を持った私たち人間が幸せになれるか、

考えていかねばならないのでしょう。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。