親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

権力の魔力をよく知っておられた親鸞聖人

f:id:kikuutan:20170626205145j:plain

 

 

【悪性(1)】

 

親鸞聖人は権力者嫌いで知られます。

「権力者に近寄り、その力を借りて、仏法を伝えようなどと

決して考えてはならない」

と、お弟子に向けたお手紙でクギを刺されています。

権力者の実態を親鸞聖人がよく知っておられたからでしょう。

 

人は権力を持つと、豹変します。

秀吉も、毛沢東も、レーニンも、

あれだけのことを成し遂げた人ですから、

「この人にならついていきたい」

と多くの人を魅了する信念、才覚、努力など、

類まれな人間的な魅力にあふれた人物だったと思います。

 

ところが権力を握り、思い通りに周りの人が動くようになり、

自分の言動が誰にも咎められず、賞賛されることが多くなると、

いつしか尊大になり、批判を絶対許せぬ体質になり、

人の心にも無神経で、「残酷な人」に変貌してしまうのです。

 

どんな傑出した人物も、そうさせてしまう、怖ろしいものが

「権力」です。

権力の恐ろしさを知って気を付け、人にまで諭している人も、

権力を持てば、例外なく変わってしまいます。

 

それはなぜか。

「権力が人の本性をむき出しにさせるから」です。

私たち人間はみな、とても人には言えない恐ろしい本性を

心の中に隠し持っています。

人の物でも自分の物にしたい心。

邪魔者は死んでくれたらいい、と思う心。

優れた人を見て、失敗してくれと願う心。

不幸な人を見て、クスクス笑う心。

そんな心が時に親、兄弟、友人にまで向きます。

 

しかしその本性を、とても口や態度には出せません。

口にすれば「お前、そんなことを思っていたのか」と

皆からあきれられ、嫌われ、会社ならクビになり、

家庭なら勘当や離婚だし、まともな社会生活を送っていけません。

願望をそのまま行動に移したら、これまた大変です。

たちまち窃盗や殺人などで刑務所に入れられます。

 

そこで本性を隠して、好かれるように、ほめられるように、

生活しやすくなるように努めているのが、多かれ少なかれ、

すべての人間の偽らざる姿でしょう。

 

ところが権力者は本性をむき出しにしても、咎められません。

人の物も、自分に献上せよと迫ることもできる。

邪魔者は殺すことができ、

嫌いな人を失敗させるように仕向けることもできる。

不幸な人を見て、クスクス笑っても、

誰も不謹慎だと咎める人はいない、

取り巻きは一緒に笑ってくれる。

だから人間は権力をもつと、本性があらわになり、

どんどん悪くなっていきます。

人のことを尊重しなくなり、

その人の考えや仕事に敬意を持つことがなくなります。

自分の言うことを聞かない者を許せない気持ちが必ず増大します。

これは権力のもつ魔力といえましょう。

 

親鸞聖人はご自分の心を知っておられたからこそ、

権力を持つことの恐ろしさをよくよく分かられたのでしょう。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。