親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

どこまでも「あいつよりはマシだ」と自惚れる

f:id:kikuutan:20060922150953j:plain

 

【慢(1)】


悪い人間の集まっている処は、と問われたら、

“それは刑務所だ”と答える人が多いかと思います。

ところが刑務所の囚人たちは、

自分のことを悪い人間だとは思っていないといいます。

 

「君は粉飾決算、架空取引の罪でここに来ているが、

 悪いことをしたと思っているか」

「善いことをしたとは思わぬが、俺はただの経済犯だ。

 そんなことで刑務所に入れるのはどうかと思う。

 暴行や傷害罪より、余程ましだと思っている」

 

そこで傷害犯にきいてみる。

「悪いことをしたと思っているか」

「善いとは思わぬが、人を殺したより余程ましだと思っている」

と、平然と答えます。

 

では殺人犯の囚人はどうか。

「そりゃ相手に気の毒とは思っているが、

 あれはカッとなっての一時の出来心だった。

 こないだテレビで話題になったあいつなんか、

 連続で人を殺した殺人魔だったでないか。

 あれは人間じゃないよね」

と言います。

どこどこまでも「あいつよりましだ」とうぬぼれます。

慢心からはどこまでいっても離れ切れません。

 

「俺って、最低だよな」

と自嘲気味に言った時に

「そうだ、お前を最低な奴だと言っている奴、何人もいるよ」

と返せば、とたんに血相変えて

「誰、そんなこと言っているのは?」

と詰め寄ってくる。

 

「この件は私に問題あったと思います。申し訳ありません。」

と頭下げたときに

「そうだよ、お前のせいだよ」

と言下に返されると、カチンと来て

「しかし私だけのせいかと申しますと、実は~」

と語気を強めて食って掛かる。

 

慢心の固まりである人間は自己を正しく見ることはできない、と

お釈迦様は説かれています。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。