親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

自分は先見性があると思っている人も見落としている未来とは

f:id:kikuutan:20170805204948j:plain

 

 

【生死の一大事(3)】

 


給料入った途端、全額パチンコに突っ込み、

全部遣ってしまったという人があります。

今月の家賃はどうするのか、も考えていない。

「つい熱くなってしまって・・」

っておい、それで済むかい。それでも大の大人か。

と言ってやりたくなるところです。

 

下町の工場の社長でも、今月、来月のやり繰りで精いっぱいで、

来年、再来年の展望まで考えられないという人もありましょう。

 

高校生ならばまずとにかく大学、と志望大学に入ることだけ考えて、

就職のことまで考えていないものです。

 

経営者やビジネスマンなら、どうしたら儲かるのか、は真剣に考えても

儲けた金をどうするか、の展望がない人が多いでしょう。

 

皆が「あれしなきゃ。これしなきゃ」と

目先のことに心を奪われています。

 

そんな中にあって一握りの先見性のある賢い人が

世界情勢の動きを予測して海外で資産管理したり、

マンションを子供名義にして税金対策したり、

10年先、20年先まで考えて行動しています。

 

しかしそんな先見性のある賢者も

見落としているものが「死ぬ」ということです。

「死ぬ時が来る」と聞くと、先過ぎる話とでも思っているのか

問題にもせず、したがって

「死ぬまでのやるべきことは何か」

という視点も持ちません。

 

シッダルタ太子(お釈迦様の仏になられる前のお名前)は

【死ぬ時がくる】と、真面目に己の人生の行く先を

見つめられた方です。

それは100%の将来であり、しかも遠い先の話ではない、

早ければ今晩にでもやってくる、と厳粛に受け止められました。

「世人薄俗にして共に不急の事を諍う」(釈迦)

「世の中の人は、目先のことばかりに心をうばわれて、

生死の一大事を知らない」

この一大事こそ仏教の出発点なのです。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。