親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

相手の表情や言動が気になって気になって仕方ない

f:id:kikuutan:20081026120522j:plain

 

【自業苦(2)】


仏教では、自分の『業(行い)』が生み出す苦しみを

『自業苦(じごく)』といいます。

中でも私たちは『意業(心の行い)』に振り回されて、

苦しむことがよくあります。

 

「上司が素っ気ないな、嫌われているみたい」

「あの一言は何だろう、彼は私のこと、嫌いになったのかな」

と、ささいな相手の表情や言動が気になり、

いったん疑念や不安は思い始めると、

いつしかそう思い込むようになり、

やがて思い咽ぶようになります

 

人が少しも思ってもいないことを

「思っているに違いない」と思い込んで、

勝手に落ち込んだり、苦しんだり、恨んだりするケースは

少なくありません。

 

実際は、自分のことで精一杯ですから

他人のことまで、あれこれ考えている余裕はありません。

嫌いになったとしても瞬間的です。

その人も忙しくて、そんなことばかり考えておれません。

 

客観的に見れば、苦しまなくてもいいのですが、

ああでもない、こうでもないと悶々と苦しむのは、

まさに自分の心が生み出している『自業苦』です。

私を苦しめるのは、「あいつ」でもなければ「こいつ」でもない。

内なる自己の心なのです。 

 

「本当に考えねばならないことを後回しにして、

過ぎてしまえば何でもないことをあれこれ思い悩んでいるのは、

愚かなことですよ。

本当に今あなたが心をかけねばならないことに

全身全霊、集中しなさい」

仏教では教えられています。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。