親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

マイケル・ジャクソンが語った「最も好きな曲」とは

f:id:kikuutan:20170917170312j:plain

 

 

 

両親は1歳のときに離婚。

その後、父親アルコール依存症によって死去。

歌手だった母親は、声が出なくなり、仕事ができなくなる。

新聞やマーケットの売り子を経験し、

パントマイム劇で、一家の家計を支える。

やがて母親は極貧のあまり、精神に異常をきたし、

施設に収容される。

4歳違いの異父兄と、孤児院や貧民院を転々とすることになる。。。

こんな少年時代を送ったのは、かの喜劇王チャップリンです。

 


そのチャップリンの言葉に

「人は楽しいから笑うんじゃない、泣かないために笑うんだ」

とあります。

だからなのでしょう。

チャップリンの笑いは、涙が出そうになるような、

悲しい人間の姿も垣間見えるのですが、

その悲しみを優しく包む笑いです。

 


そのチャップリンが作った曲が「SMILE」です。

https://www.youtube.com/watch?v=3olmh-aC5Ho

マイケル・ジャクソンが「最も好きな歌だ」とカバーしました。

和訳の歌詞を紹介いたします。

ーーーーー

心が痛むときでも、微笑んで
傷ついたときでも、微笑んでごらん
曇り空のときも、君ならきっと切り抜けられるよ

悲しみや不安を感じるときでも、笑ってごらん
そうすれば明日君の為に太陽が輝きだすよ

君の顔に喜びで笑顔にしよう
悲しみの跡を全部隠して
たとえ涙が今すぐにでもこぼれそうだとしてもね

そんなときこそ、微笑みを絶やさないようにしよう
笑って
泣いたってなんにもならない
もしも君がほほ笑んだなら
人生は生きる価値がまだまだあるってことがわかるだろう

ーーーーーー

チャップリンは笑いの力を信じ、生涯をかけた人でした。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。