親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

悪口は老化を促進する

f:id:kikuutan:20170926203944j:plain

 


【悪口(2)】


脳科学者・中野信子さんが

「悪口は老化を促進する」と書いていました。

嫌いな人の悪口は、つい言いたくなりますが、

言った分だけ老化が進んでいるようです。

そのメカニズムは、

「悪口を言い続けていると、主語が認識できない脳は、

自分自身に悪口を言っていると勘違いして気分が悪くなり、

ストレスが発生し、脳や身体にダメージを与え、

老化につながってしまう」とのこと。

よって悪口は、言う人も、聞く人も、

聞かされる人も悪影響を及ぼすということです。

 


悪口は喫煙のようなものとも言えます。

喫煙は、吸っている本人が健康を害するだけでなく、

その人の吐いた煙草の煙(副流煙)を吸い込む人にも害を与えます。

悪口も、言った本人にストレスを与え、

聞かされる人にもストレスを与えるからです。

 


あなたが現在、悪口を言っている人、あるいは言いたくなる人は、

あなたにストレスを与えている人ですが、

もしあなたがその人の悪口を止めて、

その人の長所を伸ばすために自分ができることはないか、

その人に感謝すべきことが自分にないか、

その人の苦しみを軽くすることが自分にできないか

敢えてそういう問いを発してみると、ただそれだけで

ストレスはさっと軽くなります。

実はストレスはその人が原因ではなく、

自らが口にしている悪口と、その人を悪く思う心が

原因であったことに気付くでしょう。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。