親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

THE 虎舞竜の『ロード』の歌詞は身にしみる

f:id:kikuutan:20180728092447j:plain

 

 

【愛別離苦(1)】


THE 虎舞竜の『ロード』という歌は

「何でもないようなことが幸せだったと思う

何でもない夜のこと 二度とは来ない夜」

と繰り返されるフレーズが心に残ります。

 


夜ふと目を覚ますと、横に寝息を立てて寝ている、

あの「なんでもないようなこと」が、なんて幸せな日々だったんだろうと、

失った今、始めて気づいた、という歌です。

大切なものが大切なものとわかるのは、

その大切なものを失ったとき、というのは、皮肉なことです。

 


親はいてくれて当たり前、

給料が毎月振り込まれるのが当たり前、

家に帰ると妻や子供がいてくれて当たり前

自分の足で行きたいところに行けるのが当たり前、

食べたいものを自由に食べられるのが当たり前、

本当は当たり前のことは何一つありません。

 


身近にある幸せには気付かず、

もっと欲しい、もっと欲しい、と無い物ねだりをして

不平、不満を抱いては、身近な人や物に八つ当たりをし、

失ってしまったとき、

なんであんなことを言ってしまったのか、

なんであんなことしかできなかったのか

悔やむのが人の世の常なのでしょう。
 

 

 

 

  

=========

仏教を分かりやすく体系的に学べる全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。