親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

愛欲の広海に沈没すと告白された親鸞聖人

f:id:kikuutan:20180911135847j:plain

 

 

【愛欲(1)】


どんな人であっても「叩けばほこりが出る」のが人間です。

一人の人物の、今までの人生でしてしまった卑劣な言動、

自分勝手な言動、失言、暴言などだけを寄せ集め、

一冊の本にしたらどうでしょう。

なんと性格の悪い奴か、友達には絶対したくないな、

と読む人が顔をしかめるような人物が

そこに現れるのでないかと思います。

ところがその同じ人物の、今までの人生における親切な言動、

勇気ある言動、美談、素敵な発言などだけを集大成し、

全て集めて一冊の本にしたら、これまた、

こんな素晴らしい人がいるのか、ぜひ会ってみたい、

という人物像になるのではないかと思います。


この人だけは、叩いても一切埃が出ません、という人は考えられるでしょうか。

人間は誰でも長所と短所があります。

あの人のこういうところは見習いたいな、

と思うところはどんな人にでもあります。

しかしあの人のこういうところは何とかならないかな、

と思うこともまたあるのです。

あの人は100%長所、欠点は一つもない、という人もありませんし、

あの人は短所と欠点を固めたような人だ、何一つ長所はない、という人もないものです。

 

評価する人によって、その人物の長所と短所、どちらかが強調されてしまうだけです。

その人物のことを好きな人が見れば、

長所ばかりが目に入り、短所は見えなくなります。

その人物のことが嫌いな人が見れば、

欠点とか短所ばかりが目につき、

「長所?あいつにそんなの、あるかい」となってしまいます。


そういった好き嫌いの感情を離れて、

客観的に人を評価することはなかなか出来ません。

(なかなか、というか、もう絶対にできない、と言い切ってもいいでしょう)

 

あの人の話を聞いていると、彼には何一つ長所がないではないか、

という人物評価もありますが、

それもその人の「あの人嫌い」というフィルターがかかっている上での評価です。

もちろん評価した人も嘘を言ってるわけではない、

そういう短所や欠点がその人にはあるのでしょうが、

その短所も、時に長所として発揮されることもあるものです。

往々にして短所は長所、長所は短所であり、

それが「個性」というものです。

ただその個性が、評価している人の目には

短所にしか映らず、長所には映らないだけのことです。

 

親鸞聖人は『教行信証 』に

「愛欲の広海に沈没している親鸞だ」と告白されています。

「愛欲」とは、わかりやすく言えば「好き嫌い」のこと。

好き嫌いの心が常に離れきれず、

好きな人を、いい人間、正しい人と評価し、

嫌いな人を悪い人間、間違った人と評価する、

浅ましい自分勝手な自己を恥じられ、

「愛欲の広海に沈没している愚かな親鸞」

と懺悔されたのです。

 

 

 

=========

 

仏教の教えをわかりやすく、体系的にまとめた全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。