親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

愛憎一如。愛と憎しみは一つの如しと説く仏教

f:id:kikuutan:20180522120358j:plain

 

【愛憎一如(1)】

 


恋人に腹が立つのはなぜでしょうか。

「他の人にはそんなに腹が立たないのに、恋人にはなぜかイライラして怒りをぶつけてしまうんです」

そんな人は少なくありません。

「好きな人だからいつまでも仲良くしたいのに、どうしてかいつも怒りをぶつけてしまい、相手に嫌な思いをさせてしまう」

と悩んでいる人は、ことのほか多いと思います。

 


「嫌いな人に腹が立つのなら分かる。でもそうじゃない、

好きな人なのに、愛しているのに、どうしてこんなに腹が立つのだろう」

と首をかしげるのでしょうが、これは何もおかしなことではありません。

【愛しているからこそ怒りも出てくる】ものだからです。

 


仏教ではこれを『愛憎一如』といいます。

“愛と憎しみは一つの如し”

愛と憎しみは紙の表と裏のような関係だと、ブッダは説かれています。

愛し、信じ、たよりにし、支えにしているからこそ、

分かってくれないとショックを受けるのだし、

裏切られたら腹も立つし、悲しくて仕方なくもなるのです。

 


愛する気持ちが弱ければ、裏切られた怒りも小さいです。

支えにし、たよる気持ちが少なければ、

相手の気持ちや言動にもさして傷つきません。

立ち直れます。

立ち直れないのは、ぞっこん好きになった相手に裏切られたときです。

「この人なら」と自分の気持ちを寄せると、

とたんに相手の言動に敏感になります。

「自分はこんなにあなたのことを考えているのに」

「そのために相当、他のことを犠牲にしているのに」

それなのにあなたから「こんなことをされた」「こんなことを言われた」と苦しくなるのです。

 


これは恋人だけではありません。

「この子のためなら」と愛して育てた子供が

自分に対して暴言を吐いたり、無視したりすると、腹が立って仕方なくなるのも、

『愛憎一如』です。

 


会社、上司に腹を立てたり、組織の体制に憤りを覚えるのも、同じです。

上司や組織に過剰に依存しているからです。

 


あまり一人の人を強く依存すると、

相手の言動にいちいち一喜一憂したり、怒ったり、泣いたりして気持ちが保てないので、

一人の人を愛さず、他の人ともつきあって、

気持ちにバランスを取るようにしています、という人も少なくありません。

 


この『愛憎一如』の人間の実態を知ると、

「愛」は私たちに喜びを与え、幸福を支える、大切なものですが、

同時にそれは「憎」を引き起こし、不幸や涙の元となりうるものだとわかります。

 


ではこの『愛憎一如』の私たちの人生に、

真に頼りになるもの、支えになるものがあるのでしょうか。

 

 

=========

愛憎一如を超える幸福の厳存を仏教にどう説かれているか、分かりやすく体系的に学べる全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。