親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

親鸞聖人が『教行信証』を執筆された目的とは

f:id:kikuutan:20180814105101j:plain

 


【疑謗(1)】


私は、不特定多数の人に情報発信している以上、

ましてその内容が宗教思想に関することですから、

批判のメールを受けることは覚悟しています。

直接私にメッセージを送ってくる人もあれば、

自分のサイトで茶化したり、中傷したりする人もあります。

 


そんなメールにブログを始めた最初こそ

「わからん者が無責任な批判するんじゃねえ」

と不快になったりもしましたが、最近は穏やかに読んでいます。

もう長いこと情報発信しているので、

耐性もついてきたのかもしれません。

批判的なメールよりも、

ずっと多い感謝や共感のメールをいただいているからかもしれません。

 


ほとんどの批判は「よく読んでください、そんなつもりはありません」で済むものですが、

中に傾聴に値するような意見もいただきますし、

少なくとも誤解を招くような言い方をしてしまったことはこちらに非がありますので、

ご意見、ご批判は、いつも自分の糧となっています。

 


また思うのは、たとえそれが根も葉もない的違いの非難中傷であっても、

毎日流れる圧倒的な情報洪水のインターネットの世界で、

なぜかその方は仏教の教えを記した私の文章が目にとまり、

何かしらその人の心に影響を与えたからこそ、

そういうコメントをしたくなったのですから、

これもその人の仏縁であり、

私とも何らかのご縁がある人なんだろうな、と思うのです。

 


親鸞聖人の教えを話しをすると、

出てくる質問、反発は、だいたい同じようなものです。

「人生の目的なんかない」

「変わらない幸福なんてなれるはずない」

というのは、よくあります。

世間の常識がそうですから、

私がホームページやメルマガで

「人生の目的がある」「変わらない幸福になれる」

と書くのはとても受け入れられないのでしょうが、

受け入れられようが、受け入れられまいが、

それこそが生涯かけて親鸞聖人の教えられたことですから。

 


私は親鸞聖人の教えを伝える講師ですから、

「人生の目的がある」

「変わらない幸福になれる」

と今までも、これからも、様々な角度から言い続けるだけです。

 


親鸞聖人は主著『教行信証 』のあとがきに

--------------
(原文)
もしこの書を見聞せん者は

信順(しんじゅん)を因となし 

疑謗(ぎほう)を縁となし

信楽(しんぎょう)を願力(がんりき)に顕(あらわ)し

妙果(みょうか)を安養(あんにょう)に彰(あらわ)さん

--------------
(意訳)
この教行信証を読む人の中には

信ずる人もあろう、謗る人もあるだろう

いずれもそれを因とし、縁として

弥陀の救いに遇い、永遠の幸福を獲得してもらいたい)

--------------

と書き遺されています。

 


『教行信証』を読むと、その内容は

「人生の目的がある」「変わらない幸福になれる」

とそればかり徹底して書かれています。

 


「いや、ここまで重ねて書かれているのは、やはりそういう世界があるのだろう。

そうでなければここまではっきり書けないだろう。

どんな幸福なのか知りたい」

そういう気持ちを起こして教行信証を読む人は

「信順(しんじゅん)を因」とする人です。

 


「馬鹿言え、人生の目的なんてあるはずない、人間が変わらない幸福なんかなれるものか」

と頑なに反発して、どこか間違いはないかと教行信証を読む人は、

「疑謗(ぎほう)を縁」とする人です。

 


いずれも、いずれも、この教行信証を読むことを因縁とし、本当の幸福になってほしい、

と親鸞聖人が念じられて、教行信証の末尾に書き遺されたのが、この一節です。

 

 

 

 

 

=========

 

仏教の教えをわかりやすく、体系的にまとめた全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。