親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

「空事・たわごと・真実あることなし」の歎異抄が身にしみる

f:id:kikuutan:20160528161957j:plain

 

 


【火宅無常の世界(2)】


米朝関係は、今年初めには「開戦Xデーは秒読み段階」と言われるほどの緊張状態にあり、

在韓アメリカ人が出国した時が合図、

米空母が東アジアに集まる4月が危機、

などと取りざたされていました。

 


米軍は一気に北のミサイル基地を爆撃、制圧できるか、

中国人民軍は国境を越えるのか、

日本のミサイル防衛システムは北のミサイルから守り切れるのか、

それとも緊張状態のまましばらく進むのか、

など、新聞、メディアが盛んに論じ合っていました。

 


それが今朝のニュースではどうでしょう。

平壌にマクドナルドとトランプタワーを、

日本は失職する北朝鮮軍人の雇用での経済支援を、

投資家や経営者は北朝鮮市場をビジネスチャンスに、との話題が出ています。

 


わずか数ヶ月の間に、ほとんどの人が想像できなかった展開です。

何が起きるか分からない無常の世の中、とつくづく知らされます。

「火宅無常の世界は万のこと・皆もって、空事・たわごと・まことあることなし」(歎異抄)

人間の予想など、あてにならないものです。

 


よって両指導者が「新しい未来を切り開く大きな転換点」と

喧伝している現今の状況も、所詮、火宅無常の一コマ、

来年には、現在では誰も予想もつかない事態に陥っているかも知れません。

 


世の中には「予言者」と呼ばれる人たちがあり、

2018年の予言として、こぞって北朝鮮情勢を取り上げていましたが、

今頃「しまった。逆張りすべきだった」とほぞを噛んでいるのではないでしょうか。

以下は、その予言の数々。

■松原照子(東日本大震災を当てたとアピールして有名になった人)
「2018年は、ミサイル開発は今後も続くでしょう。今よりもっと悪化する可能性がある。北朝鮮から難民が日本に流れ込むでしょう」

■クレイグ・ハミルトン・パーカー(世界一当たる予言者、スピリチュアル研究家)
「北朝鮮の金正恩政権は2017年末もしくは2018年1月に、国内クーデターで崩壊する。国際社会の経済制裁は何ら役割を果たせず、米国は北朝鮮の鉄道を爆撃して破壊するだろう。そして金正恩は中国に亡命する」

■ジャミソン姉妹(米国最高のサイキック双子美女)
「米国と北朝鮮の緊張状態は、2018年も非常に高いまま続く。金正日が、核兵器を使って無謀な方法でトランプを脅かし続けるだろう」

■江原啓之(心の目でオーラや前世が見えるという人)
「2018年、北朝鮮のミサイルや核ミサイルは発射されてしまうのでしょうか。もしものことを考えて、私たち日本国民は非難生活に備えた準備をしなければいけません」

■デイビッド・ミード(聖書研究家で陰謀論で知られる)
「2018年に北朝鮮が端緒を開くかたちで第三次世界大戦が起こります。“ヨハネの黙示録の四騎士”はアメリカ、ロシア、北朝鮮、中国であり、この4カ国が真正面から対峙してこの世の終わりを迎えます」

 


何事も「空事・たわごと・真実(まこと)あることなし」。

歎異抄の言葉が800年の時を超え、普遍の重みを持つことが知らされるばかりです。

 

 

 

=========

火宅無常の世にあって変わらぬ幸福はあるのか、仏教の教えを分かりやすく体系的に学べる全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。