親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

ソウルメイト、ツインフレームに憧れる人たち

f:id:kikuutan:20160227120556j:plain

 

 

【独生独死独去独来(2)】


『独生独死独去独来(どくしょう・どくし・どっこ・どくらい)』

「独り生まれ、独り死す。

この世に独りやって来て、

死んでこの世を去るときも独りぼっちだ」

と説かれたお釈迦さまのお言葉について、前回より話をしています。

 

孤独の悪影響を論じる医学的研究は無数にあります。

・心疾患リスクを29%上げる。

・1日たばこを15本吸うことに匹敵する。

・アルツハイマーになるリスクが2.1倍になる。

・うつ病やアルコール依存症などの精神的な疾患につながる

米国の学会ではこれらのデータから、

「病気になる人々の共通した病理は孤独だった」

という論文を発表しました。

「病は気から」とのことわざの通り、

孤独感が心身に及ぼす悪影響は計り知れないですね。

 

孤独を極度に怖れてか、

平日の昼は、誰とどこでランチするかで煩い、

子供と行く公園でも他のママさんと打ち解けようと気を遣い、

休日は予定で埋めないと不安で、

SNSでは「いいね」の数に一喜一憂し、

果てはリア充代行サービスもある始末。
http://family-romance.com/service/realappeal.html

 

しかしそういった表面的なつきあいは、

ときに寂しさを助長させるものです。

そんなとき、本当に渇望するのは、

自分のことをよくわかってくれる、心から安心できるパートナーです。

そんな人が一人いればいい、と思います。

しかしその一人が、ようとして姿を現しません。

 

「日本のどこかに私を待っている人がいる」

そんな歌が昭和にありましたが、

平成の今も、新しい元号になっても、

みな心からわかり合える人を求め続けるでしょう。

「運命の赤い糸」

「ソウルメイト」

「ツインフレーム」

名称は時代によって変わりますが、

「わかってくれる人」を切望しているのは、

いつの時代も同じです。

 

ある既婚の30代の女性が

「私はまだそういう人と出会っていない」

と口にするのを聞いたことがあります。

あからさまに言葉にはしない人の方が多いですが、

『独生独死独去独来』の人生を一変させる出会いは

心の中に秘めた万人の願望なのです。

 

=========

 

孤独な人生を一変させる仏教の救いとは何か、わかりやすく、体系的にまとめた全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。