親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

9月1日問題の解決の鍵は意外なところにある

f:id:kikuutan:20090805112042j:plain

 

【人身受け難し(1)】


9月1日が一年間でダントツに子供の自殺が多くなる日だというところから名付けられた「9月1日問題」が、

最近メディアで取り上げられるようになってきました。

お盆が過ぎ、甲子園が終わる頃になると

「そろそろ夏休みも終わりだなぁ。宿題どうしよう」

と子供の心が憂鬱になってきますが、宿題でため息つくくらいなら問題はない。

クラスでいじめにあっている子、うまく友だちが作れない子の、

夏休みの終わりの憂鬱は「いっそ死んでしまいたい」と思い詰めるほど深刻です。

新学期が始まるのが嫌で嫌で仕方なく、

9月1日前後に自ら命を絶つ子供もたくさんいるのです。

 

前途ある子供たちがどうして、と大人も頭を抱え、

なんとかせねばと国も問題視するようになり、

文科省は各方面に対策を打ち出しました。

学校では教師が、夏休み明けの子供の表情をよく見て異変はないか、関心を払うよう指導され、

保護者である親も、子供の様子におかしなところはないか、よく観察するよう喚起され、

最近ではネットパトロールという対策も講じられています。

「死にたい」とTwitter などのSNSでつぶやく青少年のツイートに察知し、

見逃さずに対処していくという取り組みです。

このように様々な対策が国の予算が使われ、実施されてはいるのですが、

その成果は一向に実らず、

子供の自殺は年々右肩上がりで増え続け、

過去最多を更新し続けています。

 

なぜ子供の自殺が止まないのか、

それは根本的な対策がまったくなされていないからだといえます。

学校や親の監視、ネットパトロールなどの対策も無意味とは言いませんが、

根本的な対策とは到底言えず、

その場しのぎの付け焼き刃的な対策でしかありません。

 

では根本的な対策とは何か。

ずばりそれは「なぜ自殺してはいけないのか」

これを子供に教えることではないでしょうか。

 

ここが教えられていないのに、なぜ自殺を止められるでしょうか。

学校も、親も、子供を教育するところです。

「なぜ自殺してはいけないのか」

学校の教師である以上、親である以上、この問いの答えを明らかにしなければならないのに、

その根本的な部分が全く教えられていないのです。

 

子供が万引きをするとしたら、

万引きしないよう対策のために

店の人は監視を強め、防犯カメラを設置し、万引きはやめようというステッカーを陳列棚に置く、

もちろんこれも対策ではありますが、それは副次的なことで、

何より子供にわかってもらわなければならない根本課題は、

「なぜ万引きはいけないのか」の教育です。

これを分かるように子供に話をしなければならないのが、大人であり、社会の責任です。

子供が「本当にそうだな」と胸にコトッと落ちるまで、です。

それでこそ子供は万引きを止めるのですから。

 

同様に子供が自殺するのを食い止める根本的な対策は

「なぜ自殺してはいけないのか」

ここを徹底して分からせることではないでしょうか。

 

しかしここで問題になることがあります。

それは「なぜ自殺してはいけないのか」というこの問いに、

大人が自信を持って答えられるだろうか、ということです。

「なぜ自殺してはいけないのか」は言い方を変えれば

「なぜ生きねばならないのか」です。

9月1日問題とは、「なぜ生きる」という哲学の根本主題が問われている問題なのです。

次回に続けます。

 

 

 =========

仏教に説かれている生きる意味を分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。