親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

なぜ金を得ても満足はないのか

f:id:kikuutan:20040813141553j:plain

 

まずはこんな小話から。

ーーーー

ヨーロッパ観光の名所、スイスのレマン湖のほとりで

スイス人が釣りをしていた。

しばらく見ていた日本人が『何しているんですか』と聞いた。

『いや、魚を釣ろうと思って』と答えると、

『釣れませんね。いっそ底網かけてバーッと捕ったら』と日本人。

『底網かけて捕ってどうする』と逆にスイス人が聞く。

  
『市場で売ればいいじゃないか』

『儲けてどうする』

『景色がいいからこの辺の別荘を買えばいい』

 
スイス人が『別荘買ってどうするの』

日本人いよいよ困って

『釣りでもしてればいいじゃないか』。

ーーーーーーーーーーー

こんな幸福論の破綻は世に満ちています。

たくさん魚を取る

市場で売って儲ける

別荘を買う

これらは、とりあえず今はこれを目指す、という当面の目標です。

人生の通過駅です。終点ではありません。

だから、達成すると、必ず「それからどうする?」となります。

ふと気づくと、同じことの繰り返しであることにぼんやりした不安を覚えます。

 

まずは合格、次は就職、そろそろ結婚、と変化する生きる目標と

「生まれてきたのはこれ一つ」という人生の目的とは

まったく性質の違うものなのです。

この違いを知ることは容易なことではありません。

お釈迦様は生涯かけてこの違いを鮮明にされています

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。