親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

悪口を言う人に振り回されて苦しまないための対処法

f:id:kikuutan:20200703153712j:plain

 

【悪口(3)】


SNS誹謗中傷の事件を通して2回にわたって「語殺」「悪口」について話をしたところ、以下のようなご感想、ご質問をいただきました。

「SNS誹謗中傷の対策、おもしろかったです。

確かに実名だったらしないよなあ、人間ってつくづく周りからいい人に思われたいんだな、と思いました。

新しい職場でいろいろ不慣れな私に教えてくれる親切な方があるのですが、最近になってその人から職場の人の悪口を聞かされることが多くなってます。

聞かされるうちに私までその人に悪いイメージがついてしまい、その人を避けてしまっていたのですが、先日ちょっと話をする機会があり、悪い人のようには思えず、わからなくなってしまいました。

これからもその人の悪口を聞かされるのは気が滅入ります」

 

これはよくあることかと思います。

悪口を言うのは悪い種まきですが、聞かされるのも嫌なものですね。

仰る通りイメージがついてしまいますので。

 

ではそのイメージにとらわれないためにはどうしたらいいか。

悪口を言う人がどんな気持ちで言葉を発しているか、を考えてみたらいいのです。

仏教では「その人の言動の元にはその人の心がある」と説かれます。

悪口にもその人にそう言わせる心がある、ということです。

たいていそれは「自分のしたいことがその人に邪魔されている怒り」、もしくは「人を見下す慢心」が原因です。

悪口の原動力となっているその人の心は何か、それを知るとその人の発する悪口にも振り回されなくなることと思います。

 

これは選挙戦でもいえます。

他の候補者をけなすネガティブキャンペーン、ウソの報道で相手を貶めるフェイクニュースは、この度の都知事選でもSNSに横行してます。

これを鵜呑みにして思い込んでしまい、人にまでその情報を流し、害を広げることに加担することもあるので、注意しなければなりません。

前の米大統領選でもワシントンのピザ店を根城にヒラリー・クリントン氏の児童買春組織があるとするフェイクニュースを信じたトランプ支持者の男がライフル銃をピザ店に発砲し、逮捕される事件も起きています。

 

私たちはこんな思い込みに振り回されないためにはどうしたらいいでしょうか。

その場合も「この人たちは何でこういう悪口を言うのだろう」と、その人にしてそう言わせる背景を考えてみるといいかと思います。

選挙で他の候補者をけなすのは、自分の推す候補者を当選させたいためでしょう。

そうすれば相当その人に得になることがあるからでしょう。

 

慢心からくる悪口もよくあります。

頭がきれる経営者、稼ぎ方知っているビジネスパーソンの中で、他人のことを「頭悪い」とか「バカ」だの「クソ」だの言う人ありますが、しかも悦に入って口にしている感もあるのがわかると、あれは「慢心」がそう言わせているんだとわかります。

「いや、あえて過激な言い方をしている」という人もありますが、それならそれで名誉欲と財欲がそういった悪口を言わせている、ということになります。

それにしても私は思うのですが、こういった見苦しい悪口がビジネスでは横行しているのはなんででしょうか。

足の速いアスリートが「あの人は足が遅い」とか、女優が「あの人はブスだ」とか言わないのに、なぜかビジネスではこういう見下し発言がここかしこで見られるんですよね。

 

いずれにせよ悪口は本当でないことが相当あり、針を棒のように語っているのもよくあることなので、それを心得る事がまず大事かと思います。

 

 

 =========

仏教を分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

 

SNS誹謗中傷対策を考えてみた

f:id:kikuutan:20200630104545j:plain

 

 

【悪口(2)】

 

リアリティ番組での誹謗中傷で自殺する人がいて、SNSでの発言に気をつけようとの論調があったかと思ったらそれからしばらくして芸能人の不倫が報じられ、またもマスコミやSNSが非難の大合唱となりました。

 

人の悪口で盛り上がるのは人間の性(さが)と言ってもいいので、いくら控えよう、自粛しようと呼びかけても、SNSでの誹謗中傷が止むことはなさそうです。

よってそれらの誹謗中傷に追い詰められ、自殺する人は今後も続くことは容易に想像できます。

 

どうしたらこういう風潮を止められるか、新聞やワイドショーでも問題提起されますが、簡単な方法が一つありますよ。

それは匿名で発信しているSNSアカウントを実名にしてしまえばいいんです。

こうなれば、まずほとんどの誹謗中傷はなくなると思います。

自分の発信した言葉が家族にも恋人にも友人にもさらされますから、特に人の悪口の場合、覚悟が要りますので。

 

私も一万人以上の人にもう何年間も情報発信してますので、時々私のことを非難するコメント、メッセージももいただきますが、発信者が実名で言ってきた場合は、心して読みます。

本人が責任を深く自覚しての発言でしょうから、その非難は傾聴に値する可能性が高いと思っていますし、事実そういうことが多いです。

でも実名の非難は本当に少ないですね。

そういう自分の体験からも言えますが、SNSが実名だと、圧倒的に誹謗中傷は減るのはまず間違いないと思います。

みんな「あの人は悪口の多い人だ」と人からレッテル貼られたくないですから。

 

しかしさればといって、私は全てのSNSを実名にするのに賛同できません。

匿名のSNSも大事だと思っています。

それは政府や権力者に弱者が抵抗する一つの手段だからです。

平安時代から江戸時代にかけて京都の四条など人の集まりやすい河原などに立て札を立て、世相を風刺した狂歌を匿名で公開する「落首」がありましたが、あれは当時の民意を反映しており、ユーモア風刺も効いてて、ああいう役割をSNSが担うのはあっていいと思います。

そんな冗談一ついえず、今の中国共産党のような、何か批判をしようものならすぐ察知され、拘束される社会などまっぴらごめんです。

 

となるとお前の結論は何だ、ということですが、ずっこけた表現になってしまうかもしれませんが「弱い者いじめはやめよう」ということになるでしょうか。

苦しんでいる人は手を差し伸べる。

失意の人をさらに追い詰めるようなことをしない。

絶望している人には寄り添う。

そういった人として大切にしたいことを大切にすることだと思います。

「仏の慈悲は苦ある者にひとえに重し」と仏典にあります。

もちろん仏の心のようにはできませんが、仏教を聞いているのだから、弱い立場、つらい境遇の人を責めるのはしたくないと思っています。

 

 

 

 =========

仏教を分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

リアリティ番組での炎上を仏教の視点で語る

f:id:kikuutan:20200629091048j:plain

 

【悪口(1)】


リアリティ番組に出演した女性が視聴者からの誹謗中傷を苦に自殺する事件が起き、大きな波紋を呼びました。

彼女のSNSには心ない誹謗中傷が毎日100件も続き、追い詰められていったようです。

実はこのたびのような事態はすでに前々から懸念されていました。

リアリティー番組発祥のアメリカでは21人のリアリティー番組出演者が、視聴者からの誹謗中傷により自殺しているからです。

 

SNS時代の今日には「炎上」という言葉をよく耳にするようになりました。

ふだん人の悪口を控えていても、ネット上でみなが口をそろえて非難し始めると、この件においては、この人については、何言ってもいいんだ、と一気呵成に非難がエスカレートする現象です。

停められている自転車のカゴに心ない一人が空き缶を入れると、他の歩行者も次々と入れ始めてゴミ箱と化すように、「みんな言っているから」「自分だけじゃない」とためらいがなくなり、やがて誹謗中傷の大合唱となるのです。

このリアリティ番組の事件では、本人が亡くなったとたん、誹謗中傷していた人たちは、自分のコメントをあわてて削除していったそうですね。

急に自分の発言が怖くなったのでしょう。

良心の呵責を感じたのか、名前を特定され責任を誰かから追及されるのをおびえたのか、いずれにせよもっと自己の発言に重い責任を持たねばなりません。

言葉は重いのです。

発するときには覚悟が必要です。

 

仏教に「語殺」「舌刀」という言葉があります。

言葉は人を殺す、舌は刀となって相手を斬りつける、ということです。

武士は常に肌身離さず帯刀していますが、その真剣白刃を抜くときは覚悟を決めたときだけです。

ここで差し違えてもいい、と決めたときだけ。

言葉はそれだけ重い、のです。

 

 

 

 =========

仏教を分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

「その苦境、必ず変えることができる」と説かれた釈迦の教え

f:id:kikuutan:20200626095243j:plain

 

 

【因縁(3)】

 

運命を変えるにはどうしたらよいか、これは誰しも考えるときがあります。

「運命を好転するには」

「運命を開くには」

古今東西の人類のテーマですが、これにお釈迦さまはどう教えられているか、先々回からの話を今日も続けます。

 

仏教では、私たちの一切の運命は因縁によって生ずると説かれています。

私の身の上に起きるすべての結果は因と縁が結びついて起きた結果なのです。

これを仏典には「一切法は因縁生なり」とあります。

この場合の「因」とは「私の行い」、つまり私のものの考え方とか、私の生活習慣、私の言動などです。

「縁」とは「環境」、自分を取り巻く人、仕事、職場、家庭、国、時代などです。

この「因」と「縁」が結びついて今、私の運命が起きているのです。

 

これがわかれば「運命を変えるにはどうしたらいいか」も明らかです。

因か縁を変えればいいのです。

このどちらかを変えれば、必ず結果は変わります。

 

たとえば私がA氏という上司との軋轢で苦しんでいるとします。

この苦しい運命を変えるにはどうしたらいいか、方法は二つです。

一つはA氏から離れる、上司としない、という選択肢。

これは「縁」を変えるということですね。

違う上司などに相談し、部署の変更を願い出る、あるいはA氏に代わってもらうようにする。

そんなの会社の組織の中では非常識だと思われるかもしれませんが(確かにそうでしょうが)、ノイローゼで病になったり、自死するよりずっとましです。

終身雇用の時代でもありませんし、パワハラ防止法もありますし、以前よりハードルは低いはずです。

 

もう一つの選択肢は因を変えるということです。

縁を変えるといわれても、会社に直訴したり、離婚するというのは嫌だ、という人も、いろいろな事情もあり、無理な人は無理なので、その場合はどうしたらいいか、縁が変わらなくても、因が変われば、これまた運命はガラッと変わります。

 

因を変えるとは、自分の言動を変えるということです。

長いこと培ったことなので、言動を変えることなんかできない、また変えたくない、という人もあるでしょうが、何もいつも変える必要はないのです。

あなたの言動をなんとも思わない人、あるいはその言動が好きだという人もいるのですから。

ただ苦しい運命を引き起している縁となっているその人の前では、その行いはやめた方がいい、ということがあるものです。

 

たとえばA氏という上司は自己主張する部下である私ににカチンときて「出しゃばりな奴だ」「うぬぼれた嫌な奴だ」とイライラしているということがあるとします。

B氏、C氏、D氏という上司なら何の問題もないのに、いやむしろ積極的な意見を言う私に好意を持ってくれるのに、A氏にとってはそれが嫌なことで、軋轢を生むということがあります。

そうなるとこれは私とA氏との因縁の問題です。

鈴虫が秋になるとコロコロと鳴くのは鈴虫と秋の因縁、同様にA氏が私と接するとイライラとするのは私とA氏との因縁です。

 

これがわかれば「A氏の前ではこういう言動は慎もう」「A氏にはもっとこういう言い方をしよう」と自己の言動を変えていけます。

この視点で自己を変えると、あっけないほど状況が変わるのに驚くことがあります。

 

このように仏教では「因」(行為)か「縁」(環境)を変えれば「果」(運命)が変わると教えられています。

「因」も「縁」も変えようとせず、パワースポット巡りしたり、お祓いの儀式をしても駄目です。

肝心要は「因縁」なのです。

 

 

 =========

仏教を分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

あなたの苦しみを解消するには、この2つしか方法がない

f:id:kikuutan:20200623105521j:plain

 

 

【因縁(2)】

 


私たちは苦しい時「自分を苦しめるのはあいつのせいだ」と他人を恨み、憎んでしまいます。

この発想を仏教では「他因自果」といい、迷いの心だ、と説かれます。

「じゃああいつのせいでないとしたなら、この苦しみは誰のせいだっていうんですか」とお釈迦さまに尋ねると「因縁(いんねん)のせいなんですよ」と答えられます。

 

では「因縁」とはどういうことでしょうか。

この言葉は今でも使いますよね。

「因縁つけただろ」とか「因縁があった」とか使いますが、でもそもそも因縁とはどういう意味なんでしょうか。

 

因縁とは因と縁のことで、仏教では一切の運命は因と縁が結びついて起きると説かれます。

因だけでは結果は起きません。

縁だけでも結果は起きません。

因と縁とそろってしまったときに結果が起きるのです。

 

たとえば私がA氏という上司のパワハラで苦しんでいるとします。

この場合、オレが苦しいのはA氏のせいだ、と恨んでしまうのですが、この場合、「A氏」は「縁」なのです。

では「因」は何かというと、それは「私」です。

「私」という「因」と「A氏」という「縁」がそろうと、「私が苦しむ」という「結果」が起きるのです。

私の何らかの言動が、A氏には癇に障るのでしょうね。

上司がB氏やC氏だったら私が同じ言動をしていても何らトラブルにはならない、上手くやっていける、しかしA氏だとうまくいかない、そういうことがあるのです。

 

またこうもいえます。

A氏は私が部下ではなくて違う人が部下だったら腹を立てずにやっていける、しかし部下が私だとどうにも我慢できなくなる、そういうことがあるのです。

 

これはもう私とA氏との因縁なのです。

ちょうど桜の木は春という縁に触れると花が咲くという結果が表れるようなものです。

桜の木と春の因縁で桜の花が咲き、柿の木と秋の因縁で柿の実がなるように、私とA氏との因縁で、私が苦しむという運命が起きているのです。

 

ではこの苦しみを変えるにはどうしたらいいのか。

因を変えるか、縁を変えるか、どちらかを変えることによって結果は必ず変わっていきます。

因を変える、縁を変える、とはどういうことか、次回お話いたします。

 

 

 

 =========

仏教を分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

人のせいにする他因自果から抜け出す釈迦の智恵とは

f:id:kikuutan:20200621081434j:plain

 

 

【因縁(1)】


仏教に『怨憎会苦』という言葉があります。

嫌な人と会わねばならない苦しみのことです。

嫌な人はどこにでもいるので、無人島にでも住まない限り、この苦しみは避けて通れないのですが、それでも少しでもこの苦しみが軽減する教えはないか、誰しも知りたいことです。

そこで今回から何回か「嫌いな人との上手な接し方」をテーマに仏教の教えをお話ししたいと思います。

 

まず最も大切なことをお話しします。

嫌いな人と接するとき、これを知るか知らないかで大違いになる、この課題の最重要ポイントです。

それは「あいつのせいで苦しんでいるという思考にとりつかれないこと」です。

この思考を仏教では「他因自果」といいます。

他(あいつ)の因(せい)で自(わたし)は果(こんなひどい目)に遭っている、という思考です。

この思考に陥ると大変苦しむことになります。

仏教ではこの思考を「愚痴」といい、黒鬼にたとえられます。

この黒鬼が私たちをきりきり舞いさせているのです。

私たちを苦しめているのは「あいつ」ではなく、「あいつのせいで苦しんでいるという思い」なのです。

 

そんなこと言われたって、事実あいつの言動によって苦しまされているんだ、

誰が聞いてもあいつの言動の方がおかしい、

俺だけじゃない、みんな迷惑しているんだ、

たとえば最近こんなこともあった……

とその方が語る内容は説得力があり、

誰が聞いてもその方の言われる「あいつ」の言動で苦しまされているとしか思えない、とします。

それでもなお「あいつ」のせいではない、と言えるのか、

お釈迦さまにお聞きすると、釈迦は泰然と「そうですよ、あいつのせいではありませんよ」と答えられます。

 

ではあいつのせいでないというのなら、オレが今こうして苦しんでいるのは誰のせいなんだ、

とお釈迦さまに問い質すと、

釈迦は厳然とこう答えられます。

「因縁のせいなんですよ」

 

この「因縁」とは何なのでしょうか。

ここをよく知ることが大事になってきます。

「因縁」については次回お話しします。

 

 

 

 =========

仏教を分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

おうむの法則が世を明るく照らす

f:id:kikuutan:20200618165916j:plain

 

 

 

【言辞施(4)】

 


「おうむの法則」をご存じでしょうか。

「オームの法則」ではありませんよ。

「オームの法則」は中学生だか高校生だかに理科の授業で習いましたが、今回お話しするのは「おうむの法則」。

相手の言葉におうむ返しで応えることで、人間関係がうまくいくという法則です。

 

「今日は暑いですね」「本当、暑いですね」

「疲れますよね」「本当、疲れるんですよ」

と同じことを言っているだけなんですけど、これが結構大切で、「暑いですよね」の言葉に何も返さないと会話がそこで止まってしまいますし、「自粛大変ですよね」に「大変ですね」と言わないと、またそこで会話がなくなってしまいます。

「こういうことがあったんですわ」「そういうことがあったんですか」と相手の言葉をそのまま繰り返すだけでもそうとうこれまた潤滑油になるのです。

 

科学で習ったオームの法則は私の実生活では役に立たないし、これからもたぶん知らなくてもいい感じがしますが、おうむ返しの法則は私の人生で非常に役に立っており、知っておいてよかったと思います。

 

3回にわたってお釈迦さまが教えられた数々の善い行いの一つ『言辞施』について、特に些細な言葉の大切さをテーマに話をしてきました。

「あいさつ」「二言あいさつ」「おうむの法則」
他にも言葉の親切はいろいろあると思いますが、日常生活の意味のない会話というのが、必要となってきます。

面倒くさいですが、大事なことです。

職場でも家庭でも仲の良い職場、家庭は、たいていそういう意味のない言葉が飛び交っているものです。

 

言葉一つ心掛けているだけで人生は変わります

「舌三寸 身を生かし、身を殺す」

この舌で何を言うか、その使い方を間違えて、大臣なら辞職しなければならない、社員なら解雇される、その余計なこと一言言ったがために、今まで築き上げた立場や信用を台無しにした、そういうことは往々にしてあります。

言葉というのは怖いものです。

台無しにまではならなくても「あの人にあの時あんなこと言われた、あれだけはもう忘れられない」と、言葉がその人を傷つけて何年経っても忘れられないこともあります。

一方でまた「あの時、あの人からああ言ってもらったことは一生忘れられない、今の自分の支えになっている」という言葉もあるのです。

 

その点、言葉はお金よりも重いといえるかもしれません。

お金は使ったらなくなってしまいますが、言葉はその人の心にずっと残るからです。

だから言辞施というのは馬鹿にできません。

言葉を施す人は人に幸せを与え、自らもまた大きな幸せを手にするのです。

 

 

 =========

仏教を分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。