親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

死の縁無量なり。疫病と仏教

f:id:kikuutan:20200327100147p:plain

 

 

【生死の一大事(3)】


アメリカ、ヨーロッパでの新型コロナウィルスの蔓延が深刻です。

メルケル首相が国民に向けて切迫したメッセージを出しました。

「東西ドイツ統一以来、いいえ、第二次世界大戦以来、我が国においてこれほどまでに一致団結を要する挑戦はなかったのです」

G7首脳による緊急テレビ会議がなされ、

各国の科学者は薬品とワクチンを発見できるよう研究に没頭し、

世界はウィルスという見えない敵に勝利しようと現在死力を尽くしています。

 

しかしたとえ薬品とワクチンが開発されてこの度の騒動が収束に向かっても、

ウィルスはコロナだけでなく、いったん流行すれば

今日のグローバル化した世界において致命的なダメージをもたらすことは明確になったので、

今後こうなる前にいかに食い止めるか、対策が求められます。

 

さらにいえば世の中に私たちの生命と生活を脅かす深刻な問題はコロナだけではありません。

地球温暖化、世界恐慌、核ミサイル、地震、噴火、癌、エイズ、脳梗塞、原発事故、テロ、通り魔……

 


覚如上人はこう言われています。

ーーーーー

死の縁無量なり、

病におかされて死する者もあり、

剣にあたりて死する者もあり、

水に溺れて死する者もあり、

火に焼けて死する者あり、

乃至寢死する者もあり、

酒狂して死するたぐひあり(執持鈔)

ーーーーー

死ぬ縁、きっかけは無限とある、と教えられます。

 

「病におかされて死する者もあり」

これは病死する人のこと、

コロナウィルスで死ぬ人はここに入りますし、

がんや脳梗塞、心疾患で死ぬ人もこれです。

 

「剣にあたりて死する者もあり」

刀で斬られて死ぬ人のことです。

今なら通り魔に刺されて死ぬような人のことです。

 

「水に溺れて死する者もあり」

津波などの水害で死んでいく人、風呂場で意識を失って溺死する人も多くあります。

 

「火に焼けて死する者あり」

火事で火や煙に巻き込まれて死ぬ人です。

 

「乃至寢死する者もあり」

昨夜、今日はひどく疲れた、と早めに休んだ主人が朝になっても起きてこない。

おかしいなと起こしに行ったら、冷たくなっていた、というのもあります。

 

「酒狂して死するたぐひあり」

急性アルコール中毒で意識を失い、救急車で運ばれ、帰らぬ人となる人もあります。

 

ここなら安心だというところはどこにもありません。

「死の縁無量」です。

無限とある死の縁がいつふりかかるか、誰にも分かりません。

だから「更にのがるべきにあらず」、絶対に逃れられないのだと教えられています。

新型コロナから逃れることはできても、

あるいは核戦争やがんや震災から逃れることができても

色替え、形を変え、必ず死は忍び寄ってきます。

ならば人間にとって真の一大事は

「必ず死なねばならない人間存在」そのものではないか、と仏教は説き明かすのです。

 

 

 =========

仏教を分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

 

 

 

 

新型コロナ問題を人類が問題にする本当の理由

f:id:kikuutan:20200325100245p:plain

 

【生死の一大事(2)】


最近東京の友人と、彼の住むA区(東京23区の一つ)の商店街で二軒はしごしてご飯食べたんですが、

一軒目で横で飲んでいるおじさんが

「ついにA区でもコロナ感染者が出たよ。保育士だって」と言うのに、

一同「へえ」「ついにここもか」と話題になりました。

そこで二軒目では今度は私たちが「ついにA区でも~保育士だって」と切り出し、

ここでも店にいた一同驚き、その中で一人「そうそう、オレも聞いた」という人もあり、

またも話題になりました。

ところが翌日テレビで見ると、なんと感染者は隣のB区の保育士であり、

A区ではなかったのです。

「なんだよ」と友人と顔を見合わせて苦笑した次第ですが、

今回のコロナ騒動では、

「お湯を飲むと菌が死ぬ」といった情報のSNS拡散とか、

トイレットペーパーの買い占め騒動とか、

デマ情報に振り回される現代社会の危うさを改めて知らされました。

 

人間は時間が経つと情報自体は覚えていても、

「どこから得たか」は忘れてしまいます。

新聞などの世界では「ウラをとる」との言葉もあるように、

情報源が確かか、細心の注意を払いますが、

日常生活の会話では、けっこういい加減なものです。

特に不安が強い状態、命に危険が及ぶようなリスクに関する情報は、

感情的に正しいと判断してしまう傾向が人間にはあるようです。

 

さてここで考えてみたいのは、

なぜこのたびのコロナウィルスのような時に、私たちはかくも大騒ぎするのでしょうか。

実は人間が激しく問題視し、感情的になる諸問題の根底に「死」があります。

思えばこのたびのコロナ騒動とて、

感染者で死亡する人が出てきているので世界中が大問題にしているのであり、

水虫のような死なない感染症ならこんな大騒ぎはなかったはずです。

致死率が高いから、オリンピックが延期になるほど、世界中は問題にしているのです。

 

他にも人類が恐怖し、対策を講じようとしている数々の諸問題を挙げてみてください。

癌、エイズ、北朝鮮の核ミサイル、南海トラフ地震、世界恐慌、脳梗塞、原発事故、テロ、通り魔……

これらの共通項は何でしょうか。

ぼーっと浮かび上がって見えてくるのは「死」です。

人間が慌てふためいているのは、本当は津波や放射能ではなく、「死」なのです。

ただ「死」そのものは圧倒的で、得体の知れない恐怖なので、そこには目を背けるしかありません。

解決できようもないことですから。

「そんなこと暗くなるから考えないようにするしかない」

とかたくなに忘れるようにしています。

しかし100%訪れる、刻一刻と近づいてくる不安はいかんともしがたく、

その不安を少しでも軽減すべく、

癌とかコロナだの核ミサイルだの、死にオブラートをかぶせたものと対決している、

のが人間の営みといえます。

 

 

 =========

仏教を分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

 

新型コロナウィルスを仏教の視点で語ってみた

f:id:kikuutan:20200323092628j:plain

 


世界中に激震を走らせている新型コロナウィルス。

今年始まるときにこんな事態を誰が想像し得たでしょうか。

オリンピックの観客抽選あたるかなと、やきもきする人はあっても、

延期か中止かと憂う人はなかったに違いない。

いつ何が起きるかわからぬ「火宅無常の世界」を改めて思い知らされます。

 

今回、新型コロナウィルスについて3回分のブログを書きました。

各界の人たちがこの度のコロナ騒動にさまざまな意見を発信していますが、

私は仏教講師ですから、

仏教を学んだ者しか言えない視点で書かなければと思い、

それを3回分にまとめました。

今日はその1回目です。

 

コロナウィルス感染拡大で世界中が大騒ぎの今、

親鸞聖人の教えを学ぶ私が思い返すのが

蓮如上人の「疫癘(えきれい)」のお手紙です。

-----------

当時このごろ、ことのほかに疫癘とてひと死去す。

これさらに疫癘によりてはじめて死するにはあらず。

生れはじめしよりして定まれる定業なり。

さのみ深く驚くまじきことなり

-----------

ここで蓮如上人が「疫癘」といわれているのは、疫病のことです。

応仁の乱で京の町が焼け野原になり、飢饉、疫病が大流行した延徳4年6月に

その京都に住まいしておられた蓮如上人が書かれたお手紙の一節です。

この年の7月、疫病を理由に元号が明応に改元されているので、

よほどひどい疫病の流行だったと想像できます。

 

しかもその頃の疫病といえば、

そもそもウィルスが原因とも分かっていなかった時代で、

薬も治療法もなく、感染しないための対策もわからず、

加えて当時の疫病は天然痘とかペストとかコレラとか、

今のコロナとは比較にならないものすごい致死率で、

流行すれば5人家族の2人が死ぬ、といった有様だったのですから、

今のコロナでみなが感じている不安よりずっと深刻だったと思います。

多くの人は「大変だ、大変だ」と、家に閉じこもって恐れおののいていたことでしょう。

 

その大騒動のさなかに、蓮如上人は

「さのみ深く驚くまじきことなり」

“そんなに深く驚くな”と書かれているのですから強烈です。

 


なぜ蓮如上人はこのように言われたのでしょうか。

続いて上人はその理由を

「これさらに疫癘によりてはじめて死するにはあらず」。

“疫病で初めて死ぬことになったのではなかろう”

と言われています。

「疫病だぞ、かかったら死ぬぞ、死ぬぞ」と慌てふためく人たちに

「疫病で初めて死ぬことになったのではなかろうに。疫病にかからなくても死ぬんだぞ」

と言われ、さらに

「生れはじめしよりして定まれる定業なり」

“死ぬことはもうハッキリしているんだ、生れたときから100%決まっているんだ”

と諭されています。

 

生あるものは必ず死に帰す、

100%死ななければならない、

しかもそれはいつ何時降りかかるか分からぬものだ、と今までどれだけお前たちに説法してきたか、

コロナウィルスで初めて分かったことではなかろう、

一日も早く生死の一大事の解決を急げ、と言ってきたことをどう聞いてきたのか、

との蓮如上人のお手紙です。

 

 

 =========

仏教を分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

 

石清水 集めてやがて 奔流に

f:id:kikuutan:20200321104716j:plain

 

【精進(1)】


先回、編集後記に「本格的に動画をやります」と書いたのですが、

何人かの方から「メルマガやめてしまうのは残念です」

「スマホではないので動画は見れず、文章で今後もお願いします」

とメッセージいただき、言葉足らずを反省しました。

申し訳ありません、言い方が悪かったのですが、

メルマガやブログの配信をやめると言ったわけではありませんので。

 

皆様から個々にいただくご質問はその方独自のご質問、お悩みであり、

それに個々で応じてメールや無料通話でお答えするのがいいのですが、

時間的な関係もあり、難しくなりそうだということです。

また他にも同じような疑問、悩みを持っておられる方もあるはずですから、

動画でお答えできるオンライン塾(ラインナップ100個くらい)のようなものを構築しているのです。

メルマガをやめるということではありません。

 

私にとってこのメルマガ、ブログ配信は、外せない習慣なのです。

仏教を伝える講師として続けてきて、

多くの方とご縁を結び、深めることができたのも

このコツコツとした毎日の種まきの集積だと確信しており、

いつも私の頭の中のイメージとしてあるのは、この歌です。

「石清水 集めてやがて 奔流に」

ものすごい水量で勢いよく流れゆく河川も、

その源は岩の間からポタポタとしたたる冷たい石清水だったりします。

その一滴一滴が集まって、やがて怒濤の勢いの奔流になるのです。

一滴の石清水、一降りの雨で突如、奔流となるのではありません。

 

このメルマガはその一つ一つは石清水の一滴だと思っています。

読まれるみなさんも一日で目を通される時間はほんの10秒くらいか、

今回のはつまらないな、共感しないな、というのもあれば、

おもしろかった、共感した、というのもあるかもしれませんが、

その積み重ねで「こういう教えが仏教だったとは、いつか機会があればもっと知りたいな」となられれば、

こんなありがたいことはありません。

 

この石清水というのは、メルマガだけではなく、

毎日の整理整頓の習慣だったり、

日々接する人からの信用だったり、

毎日の読書だったり、

他のことでも言えるかと思います。

コツコツと地道な実践で身についたその集積が恐ろしい結果を生むのです。

考えることから逃げず、より良いものをと向上を忘れず、

それが365日、更にそれが1年、2年となれば、もう誰も追いつけなくなります。

 

私にとってそういう石清水の一つがこのメルマガ・ブログであり、

ライフワークだと思っていますので、

半身不随になっても、何らかの形で書き続けます。

もし急に届かなくなったら、それは私が死んだか、記憶喪失か認知症にでもなったか、

たいていの場合は迷惑メールに入ってしまったなどのパソコン上の問題です。

 

ということで、このメルマガ、ブログは今後とも読んでいただける方は、

お付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 =========

仏教を分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

Googleのムーンショットなどこれと比べると取るに足らない、人生の最大の事業とは何か

f:id:kikuutan:20200319142610j:plain

 

 

【後生の一大事(1)】


Googleが不老不死の薬の開発に15億ドルを投じ、

この事業を「ムーンショット」と名付けました。

かつてアメリカが国家の威信をかけて臨んだ月面着陸アポロ計画に匹敵する事業である、

との誇りからの命名です。

この事業には世界中の富豪たちが強い関心を寄せ、

一日も早い完成を熱望する彼らのよる投資、支援が相次いでいます。

 

「老化しない」劇的な効果のある薬を最初に手にするのは一握りの金持ちからでしょうが、

それもやがて安価になっていき、

多くの人が老化しない体を手に入れる時代が近い将来くるかもしれません。

しかしそれでもやはり問題先送りするだけで、

人類が老いと病と死から解放されたことにはなりません。

 

昔、結核は不治の病と呼ばれ、1930年代には日本の死因として1位に挙げられる恐ろしい病気でしたが、

現在は、結核で亡くなる人はほとんどおらず、代わりに浮上したのが、

ガンや心疾患で亡くなる人たちです。

しかしこれも老化を極端に遅らせる薬ができたり、

電池を取り替えるように悪くなった内臓を新しいものに簡単に交換できるようになれば、

ガンや心疾患で亡くなる人はほとんどいなくなるでしょう。

 

未来の死因ランキングは現在と様変わりしそうですが、

やはり今では想像できない全く新しい病気や災害・事故によって、

死因のランキングは更新され続けることと思います。

 

100年生きようが、200年生きようが、

事故や病気、何かのことで人間は100%死にぶつかります。

「長生きできるようになった」とは、

「死ぬのが少し先に延びた」ということで、

死ななくなったわけではありません。

 

科学や医学、また終活や緩和ケアといった切り口など、

「死」を課題とした事業はこれまでもいくつもありましたが、

それは”死ぬまでどう生きればいいか”という問題であり、

「死んだらどうなるか」という”「死」そのもの”を扱った事業は一つもありません。

この大事業に挑戦された方がシッダルタ太子(のちのお釈迦様)でした。

 

仏教は「死の問題を解決する」教えです。

死の問題を解決するとは、

死の恐怖を感じないようにさせることでもなければ、

死なない身体を目指すことでもない。

「死んだらどうなるか」という大問題を解決することです。

 

 

 =========

仏教を分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

わかりやすく大衆に伝えた者が世界を制す

f:id:kikuutan:20200317100923j:plain

 

【説法(1)】


ホモサピエンス史の著者ハリルはなかなかの毒舌家で、

研究熱心で正確だけど面白みのない筆致の学者の本よりも、

読んでておもしろいので、つい手が伸びます。

たとえばこんな感じ。

「でっちあげの話を1000人が一ヶ月信じたら、それはフェイクニュース。

その話を10億人の人が1000年間信じたらそれは宗教で、

信者の感情を害さないためにそれはフェイスニュースと呼ばないよう諭される」

 

同じ事を言っていても、

いやむしろ正確なデータをそろえて論理的に展開する骨太の本よりも内容的には薄くとも、

譬喩が豊富で、具体例も興味深く、風刺の効いたやわらかい文章なので、

大衆に受け、本が売れ、結果的にその道の権威として認知されています。

 

この事実はまじめな学者たちにはそうとう不愉快な出来事かもしれませんが、

いつの世でも、どの分野でもこういうことがあって、

それはやはり人々に分かるよう伝えることに力を注いだ者を讃えるべきであって、

多くの人に分かるように、興味深く読んでもらう工夫に欠けるという点で、

まじめな学者は負けていることを認めなければならないかと思います。

 

「難しいことを難しく話すのは易しく、

難しいことを易しく話すのが難しい」

といわれます。

文章なら、読んでいる人が難しいと感じるのは、

書く人が楽をしているからです。

スピーチでも聴く人が難しいと感じるのは、

話す人が楽をしているのです。

わかりやすい文章だなと思えば、それは必ず書く人が苦心しているのであり、

あの人の話はすっと入って聞きやすいな、と思う話は、

話す人が研鑽しているからに他なりません。

伝える人が楽をすれば、分かりにくい話となり、

やがてその人の話を聴く人はなくなっていくでしょう。

伝える立場がどうしたらわかりやすくなるか苦労を重ねていれば、

やがてその人の周りに大衆が集うでしょう。

 

 

 =========

仏教を分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

 

 

 

 

号外:近況を語ります

 

f:id:kikuutan:20200316102244p:plain


いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

励ましや感想のメッセージ、いつも感謝しております。

 

すみません、今日はちょっと近況を語らせていただきますね。

どうしたら仏教の教え、親鸞聖人の説かれたことを少しでも届けることはできるか、と

こうしてブログを続けてまいりましたが、

みなさんからいただく質問をも多くなってきて、

ていねいにお答えできないのが心苦しいのに加え、

自分の年齢を考えても50歳を過ぎ、時間も限られているように感じるようになり、

いろいろ考えた結果、よく受ける質問を動画でお答えしようと思うにいたりました。

 

そこで4年前に続き、第二の山ごもりに入りました。

(山ごもりといっても、自宅にこもるという意味ですが)

ある程度基礎を学ばれた上でのご質問は別途、お答えする場を設けたいと思いますが、

まずは初めて仏教に触れる方でも分かっていただけそうな動画は

『YouTube仏教に学ぶ幸福論by菊谷隆太』でどなたでも視聴いただけます。

こちらで登録して視聴いただくとうれしいです。

http://www.youtube.com/channel/UC2L2dBbBWuexPgOE4IdGu2g?sub_confirmation=1

10分から長いのだと30分くらいで話をしています。

 

「今までいろいろ本やブログなどで学んできてこんな疑問あるんですが」

「こんな質問にきちんと答えてもらえたらうれしい」

「仏教の教えというより今悩んでて、こんな場合仏教ではどうすればいいか教えられてますか」

などご質問のある方あれば、

今からの山ごもりで動画作成して、

ガンガンお答えしていく参考にさせていただきますので、

お気軽にこちらまでメッセージください。

↓↓↓↓↓↓↓

https://shinran-mail.com/contact/

メッセージくだされた方には、ささやかなプレゼントとして

時事問題であり、ちょっと尖った内容なのでどうかなと思い、

公開するのを躊躇し、限定でしか公開しない

40分の動画「コロナウィルスを仏教の視点から語る」を

送らせていただきます。

よろしくお願いいたします。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。