親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

引退と復帰を繰り返したマイケル・ジョーダン

f:id:kikuutan:20151013204235j:plain

【有無同然(2)】

 

バスケットのスーパースター、マイケル・ジョーダンは、

スポーツの世界において、もっとも有名で、

カリスマ性をもった選手の一人でした。

 

そのジョーダン、シカゴブルズ3連覇後の

シーズンオフに突如引退します。

全盛期にあっての引退は

「ジョーダンじゃないよ」

とNBAとメディアに衝撃を与えます。

引退の胸の内をこう語っています。

「ときどき、僕がマイケル・ジョーダンじゃなかったら、って思う。

 僕は朝食に子供たちと一緒にパンケーキを食べて、

 幼稚園に送り迎えする、という

 みんなと同じように、普通の家族として、

 家族がやっていることをやりたいんだ」

世界一非凡な才能の男の憧れは、

平凡な生活にあったのです。

 

ところが、1年後にまた復帰。

理由を聞かれたジョーダンは、

「足の裏がかゆくて、かくために戻ってきました」

と言ったそうです。

 

憧れの(!?)平凡な生活がかなったものの、

家にいても何もやることがない。

1ヶ月もすれば飽きてしまう。

テレビをつければ、かつてのチームメイトが活躍している。。。

俺が出れば・・と足がむずむずしてくるのでしょう。

 

その後、何度か引退と復帰をくり返しました。

苦は色を変えるだけで、

左肩の荷物を右肩に移すようなものなのでしょうか。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。