読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

仏の願いとソクラテス

f:id:kikuutan:20151105211204j:plain

 

【仏願(1)】

 

■『仏願』とは「仏の願い」

仏教とは、仏の願いを

私たちの上に満たすことを目的に

説かれています。

私たち衆生の願いを満たす教えではありません。

衆生の願いをかなえても、

衆生は幸せになれないからです。

 

■「お金があったら、あの車買えるのになー」

「美人だったら、あの人も振り向いてくれるのになー」

「才能があったら、馬鹿にされないのになー」

このように、

「やりたいことができないから不幸なんだ。」

とみんな思っています。

「やりたいことができるようになれば幸せなんだ。」

と思っています。

金さえあればなんでも自由に買える

美人だったら、みんなから大事にされる

才能があれば、仕事も自由に選べる

これが『人間の願い』

「やりたいことが

 やりたいようにできれば幸福だ」

この人生観は正しいでしょうか、

 

■ソクラテスとカリクレスの、

二人の哲学者の対話が

プラトンの著作に記されています。

カリクレスは、

「自然本来の欲望を抑えたりせず、

 広がるままに、

 できる限りその欲を満たすことこそが幸せだ。」

と主張しました

ソクラテスの返答はこうでした。

「甘いものは健康な人にとって

 美味しくてよいものだが

 持病や体質によっては

 悪いものになる。

 また逆に苦いものは、

 通常には悪いものでしかないが、

 病気の人には

 良薬になることがある。」

確かに栄養のバランスを考えず、

好きだから、と

夕食食べずに

マックのポテトやチョコレートなどばかり

『美味しい美味しい』と食べていたら、

体を壊してしまい、

かえって食事の喜びを味わえなくなってしまいます。

わがままな生活は

「一時の快」ではありますが、

自分をプラスにする「本当の快」とはならない、

とソクラテスは喝破したのです。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。