読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

あれからもう10年かぁ

f:id:kikuutan:20060223182938j:plain

 

【無常(1)】


オリンピックも終わり、甲子園も終わる今頃の季節は

世の無常にさびしい気持ちにさせられます。

夏休みが終焉を迎えることをはかなむ10代のころの記憶が

今も無意識下に刷り込まれているのかもしれません。

 

こないだ元旦を迎え、新年の決意と言っていたかと思ったら、

もう平成28年も3分の2が終わろうとしています。

 

オリンピック見ていたらアナウンサーが言っていたのですが、

冬季トリノオリンピックは10年前なんですね。

荒川静香のフィギィアスケート金メダルで

日本中が盛り上がったあのときは、

もうあれから10年経っているのです。

 

私の知り合いの子はこの夏、高校受験の勉強で忙しいですが、

先日聞いたところ、荒川静香はよく覚えていないとのこと。

それもそのはず、その時、彼女は5歳だったのです。

 

ついこないだのように思う出来事ももう早10年、

あの時の5歳はもう高校生になろうとしている・・

 

これからの10年はまだまだずっと先のように感じるものです。

あなたも今のお歳に10年足してみてください。

何歳になられますか?

そのころ、何をされていると思われますか?

ずっと先のように思っていたらこれは大きな錯覚で、

やはり「あっという間だったな」と思い知らされることがあるでしょう。

そうなると平均寿命80年といっても

【あっという間×3】くらいですぐやってきます。

 

人生ははかない。

本当に大事なものにこそ限られた命を投入すべきでしょう。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。