読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

人生を俯瞰すれば、金持ちも不安で虚しい存在だ

f:id:kikuutan:20110528011016j:plain

 

【無常(1)】


■金を持っている人は「番人」

持っていない人は「非番」です。

警備する門番は、侵入者を許してはならない責任があるから

居眠りは許されないし、トイレに立つこともできない。

非番になれば、気楽なものです。

ゆっくり寝ておれます。

 

■ちょうど金持ちは、金の番人のようなもの。

持っていると、銀行に預けても倒産しないか心配です。

箪笥に入れておけば空き巣が心配です。

株で持っておれば、常にインターネットの前で

市場の変動が気になって仕方がない。

非番の方がよっぽど楽ではなかろうか。。。

 

■いずれにせよ無常の世。

昨日までは番人でも、今日は非番になるかも知れない。

今年は非番でも、来年には番人になるかも知れない。

宝くじが当たり、非番だった人が急に番人になることもある。

あるいは事業に失敗して一夜のうちに、

番人が非番になることもあります。

人生まことに紆余曲折、いつ番人になるか、非番になるか、

今日、明日のことさえわかりません。

 

■ただ、いずれにしても言えるのは

【番人に過ぎない】ということです。

何も持たずに地上に出てきて、人と争ってまでかき集め、

必死に番をして、最後は全部置いて、

番人の役目終わって次の人に番を譲る。

それが人生です。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。