読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

北朝鮮のミサイルのニュースから仏説を憶う

f:id:kikuutan:20170320200618j:plain

 

 

【出息入息不待命終(1)】


北朝鮮在日米軍を標的にしたミサイル発射実験や、

相次ぐ恫喝まがいの声明に、

東アジア情勢が緊張してます。

このたびのミサイル実験でかかった経費が

一説には900億円ともいわれています。

国民が飢えようがお構いなしに、

ミサイル開発技術に投資するあの執着は、

怖ろしいものがあります。

持っていたら使いたくなるのが人間、

しかも彼らにとってミサイルは「虎の子」であり、

国営放送の言葉を借りれば「国民の誇り」だそうなので、

かなり物騒です。

 

その中に日本に標準配備されているミサイル弾も

100発はあると言われ、核も持っています。

在日米軍基地だけでなく、

日本各地の原発もミサイルの標的でしょう。

 

あの日、昼下がりの午後、緩やかな時間で流れていた

普段と変わらぬ三陸海岸の漁村は

あっという間に津波にのまれて一変してしまいました。

まさかこんなところまで波は来ないだろう、と

津波警報も実感できず、逃げ遅れた人も多数でした。

同じように何の変哲もない日本の町の日常が

突然ミサイルの爆撃で火の海になることも、

可能性としてはあります。

 

「出息入息 不待命終」

(しゅっそくにゅうそく ふたいみょうじゅう)

というお経の一節を思い出します。

「出る息は入る息を待たず、命終わる」

と読みます。

吸った息が吐き出せなければ、吐いた息が吸えなければ、

その時が、死ぬ時です。

何気ない、意識することもなく繰り返している呼吸ですが、

「死」は常にこの吸う息吐く息と触れ合っているのだよ、

と釈迦は説かれているのです。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。