親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

その人の今に、その人の過去の生き様がにじみ出る

f:id:kikuutan:20090403141958j:plain

 

【精進(3)】

 


私は中学、高校とテニス部でしたが、対戦相手と試合する時、

試合がまだ始まらなくても、

ボールをぽーんとこちらのコートに返すしぐさ一つで、

サーブを待つときのポーズ一つで、

「やべー、強いな」とピンときたものです。

 

何にでも長期にわたって、

重ねて重ねての練習に裏付けられた立ち振る舞い、

というのがあるのでしょう。

その場だけ、熟練者のふりをしても

そのしぐさで、その目の動きで見抜かれます。

 

宮本武蔵はたくさんの敵に囲まれたときに、

勝利する秘訣として、

まずたくさんの敵から誰が一番強いか、を見抜けと書いています。

武蔵ほどになると、敵の剣の構えや表情から、

一番強い敵をすばやく見抜く眼力を持っていたのでしょう。

 

私たちは剣の達人ではありませんが

それでもちょっと言葉を交わしただけで、

「かなり本読んできた人だな」

「相当、人間関係でもまれてきた人だな」

とわかることがあります。

「オーラが違う」「存在感があった」などと言われるように、

どこがどうということなく、

その本人からにじみ出るものなのでしょう。

 

昨日も紹介したミケランジェロですが、

こんなエピソードもあります。

ある貴族から胸像の制作を依頼された時、ミケランジェロは、

10日間で作り上げ、金貨50枚を請求しました。

貴族は驚いて、

「わずか10日で仕上げたにしては、制作費が高すぎる」

と抗議したところ、ミケランジェロは言っています。

「"わずか10日"で、この作品を作れるようになるには、

30年間の修錬が必要でした。

ただの10日間ではありません。

30年の蓄積に裏づけられた10日間です。

その価値がお分かりになりませんか」

 

分かる人は、10日間で作った目の前の作品を見れば、

どんな修練がその人の30年間にあったかが分かる

ということでしょう。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。