親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

レッテルを剥がした本当の自分の価値は何か

 f:id:kikuutan:20180925153539j:plain

 

【法鏡(1)】


「あなたは誰?」と聞かれたら、

通常は名刺でも差し出して、

「私は○○物産××部△△部長の■■と申します」

と言います。

すると相手も

「あっ、○○物産さんの。おっ、部長さんで。それはそれは・・・」

と反応してきます。

それで自己紹介ということなのですが、それも定年までのこと。

定年退職後に「あなたは誰?」と聞かれ、

「○○物産、元課長です」というわけにもいきません。

 

もう15年ほど前ですが、アメリカの新聞に、

つい一年前までは数百万ドルの金を稼いでいた

プロバスケットボールの若手選手のことが報じられました。

こんな内容でした。

ーーーーーーー
この若者は、友人や弁護士、会計士たちが、

自分の金をむしりとっていった、と嘆いていた。

そのせいで、いまではわずかの給料で、

洗車場で働いているというのだ。

まだ29歳の若さのこの青年は、車を洗う時に、

現役時代の優勝の記念である指輪をはずすことを拒んだために、

洗車場を首になった。

彼は虐待と差別を理由に、

解雇を不服として訴えを起こしていた。

自分に残されたものはこの指輪だけであり、

それをはずしたら、自分は何者でもなくなってしまう、

というのが、彼の主張だった。
ーーーーーーー

過去の栄光にすがっても、それは今の私ではありません。

 

ドストエフスキーの『罪と罰』の中に、

カテリーナ・イワーノヴナという登場人物があります。

高貴な家柄の出なのですが、

結婚に失敗し、今は貧困にあえぐ長屋暮らしで、

娘を売春までさせて生計を立てているのですが、

「今じゃ想像もできないけどねえ、

おじい様の暮らしていたころは、

それはそれは楽しく、華やかだったよ」

と誰彼となく、如何に自分の家柄がいいか、

昔は高貴な暮らしをしてきたかを語るのですが、

周りは失笑し、本人も精神を病んでいきます。

 

地位や経歴や家柄といったレッテルをはがされた【本来の自分】とは、何者なのでしょうか。

哲学発祥の地アテネの知の殿堂、デルフォイ神殿にも

「汝自身を知れ」と彫られている。

常に哲学の出発点は「己とは何か」にあります

いや、哲学だけではない

医学も、心理学も、文学も、物理学も、生物学も、経済学も

あらゆる学問はこの問いに答えんと目指しているといえましょう。

 

「仏道を習うというは自己を習うなり」

法鏡に映し出された『真実の自己』とは何か、

「私」とはなにか。

これを知る教えが仏教だから

【仏教は法鏡なり】と説かれるのです。

 

マンガで学ぶ仏教シリーズ(7)は『法鏡』です。

https://siawasenatta.com/?p=614

 

 

 

 

=========

 

仏教の教えをわかりやすく、体系的にまとめた全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

こんなにがんばって生きてきたから、私はここにいるんだよ

f:id:kikuutan:20180923193824j:plain

 

【因果の道理(1)】


女優の満島ひかりがニュースのインタビューで

「いままで一生懸命、辛くても頑張ってきた(過去の)自分たちに

『あなたたちがこんなにがんばって生きてきたから、私はここにいるんだよ』

って過去の自分達にプレゼントする気持ちで役者をやりたい」

と言っていたのが心に残りました。

 

今でこそ彼女は日本の映画界を代表する女優の一人ですが、

ここまでの道のりには、おそらく人に言えないような数々の辛い経験があったのでしょうね。

そういう過去があったからこそ、今の境遇に感謝し、

大切にしようという気持ちが起きてくるのでしょうし、

何の苦労もなしに手に入れた人には、

こういう言葉は出てこないと思いますので。

 

昨年ベストセラーになった「君たちはどう生きるか」で、

私が一番心を打たれたのは

主人公の中学生コペル君が失態をさらし、

学校に行けなくなり、悶々としているときに

お母さんが諭した以下の言葉です。

------------------------------

その事だけを考えれば、そりゃあ取り返しがつかないけれど、

その後悔のおかげで、人間として肝心なことを、

心にしみ通るようにして知れば、

その経験は無駄じゃあないんです。

それから後の生活が、そのおかげで、

前よりもずっとしっかりした、深みのあるものになるんです。

だからどんな時にも自分に絶望してはいけないんですよ

-------------------------------

            

生きているといろいろあります。

時には「もう生きていたくない」と思い詰めるような苦難も襲います。

しかしそんな中、がんばって生きてきたからこそ、

今、私はこの身になれた、ここにいるんだ、と

感謝に変わるときがきっとあるはずです。

 

 

 

 

=========

 

仏教の教えをわかりやすく、体系的にまとめた全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

アマチュアスポーツ界の相次ぐパワハラ問題の根底にある名誉欲

f:id:kikuutan:20180921074612j:plain

 

【名誉欲(1)】


仏教で説かれる人間の5つの大きな欲の一つが『名誉欲』です。

「勝ちたい」「負けたくない」「人の上に立ちたい」「人から見下げられたくない」という心です。

 

最近ワイドショーなどで取り沙汰されるスポーツ界のパワハラ問題も、

とどまるところ、人間の名誉欲の強さが引き起こした事件の数々と言えるかと思います。

選手に責任をなすりつけたり、

嘘つき呼ばわりしたり、

全て自分の手柄にしたり、

それでいてパワハラを追求されても、まともに謝罪もできず、

その醜態ぶりがまた大衆をおもしろがらせ、

マスコミの格好のネタとなっている現状です。

 

大の大人がなんであんな子どもじみたことを、とあきれますが、

自分の意見を真面目に素直に聞く、年端のいかぬ子どもたちを相手にしているうちに、

いつしかお山の大将になり、

やがて自己を省みることができないほどうぬぼれてしまった、ということでしょう。

 

動物社会でも群れの中で序列がはっきりしていて、

「マウント」や「縄張り」で優劣を相手に自覚させ、

周りにも上下関係を知らしめますが、

ああいう動物の生態を見ると、

勝ち負け優劣を求める名誉欲は

生まれつき人間に備わった、どうしようもないものだ

と知らされる思いがいたします。

どれだけ気を付けようとしていても、

すぐ優劣で人を値踏みし、一喜一憂してしまうのが私たちの実態なのです。

 

アメリカの研究結果によると、女性に差別的な社会は、

男性同士も差別的であり、勝ち組、負け組の競争が激しい社会だとのこと。

勝ち組はいつ蹴落とされるかわからぬ不安から常にストレスにさらされ、

劣等感に苛まされる負け組男性は、

今度は女性に対して勝ち組になろうと、女性を差別的に扱います。

DV(ドメスティックバイオレンス:恋人や女性への暴力)は、

社会、家族から必要とされていない男性の負い目や不安からくると指摘されています。

 

競争で疲弊した男性が、自分の優位性を取り戻そうと女性を差別する、

その下向きの差別の連鎖は、

マイノリティである外国人や

それ以外の社会的弱者・少数者へ向かうとの研究結果もあります。

 

窮屈な思いに嫌気が差してくる世知辛い世の中ですが、

これも「勝ちたい」「負けたくない」の、

人間の名誉欲のなせるわざといえましょう。

お釈迦さまが108の煩悩(煩わせ、悩ませ、苦しめるもの)の

筆頭に挙げられているのもわかります。

 

 

 

=========

 

仏教の教えをわかりやすく、体系的にまとめた全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

マンガシリーズ(6)「人の不幸は蜜の味」

f:id:kikuutan:20180919085234j:plain


今日はマンガシリーズ第6弾です。

メルマガの内容をマンガで描いてみれば、という

経営コンサルタントの友人のアドバイスで始めたシリーズです。

 

ラフ画は自分で描き、

それを読者の方が人前に出せる形にしてくださっています。

マンガで表現するのは文章とまた違った難しさと根気が要りますが、

ブログ上でもこのマンガシリーズはけっこう読まれており、

可能性を感じています。

 

【今日の仏語】は『愚痴』の1回目です。


==============


人が失敗して狼狽する姿を見て、

ひそかにおもしろがる心を、

仏教で「愚痴の心」といいます。

 

不幸な人を見て「かわいそうに」と口では言いながら、

何か愉快な気持ちがこみあげてくる心のことです。

「こんな時に不謹慎な、何でこんな心が」と

我ながら嫌になってくる心です。

 

「愚痴の心」は、人間の持つ心の中でも、

特に醜いものと仏教では説かれています。


今回はマンガで愚痴の心を表しました。
https://siawasenatta.com/?p=584

「天野屋利兵衛は男でござる」忠臣蔵に見る言行一致

f:id:kikuutan:20180917191227j:plain

 

 

【持戒(1)】


『持戒』とは、仏教で教えられる善行の一つで、

今日の言葉では『言行一致』です。

言うこととやることを一致させる、

いったん約束したら、その約束は必ず果たすことです。

 

約束を守るのは、簡単ではありません。

時に不都合なことが起き、

いっそ約束を破ってしまおうか、と

弱い心がおきる場面もあります。

しかしどんなに大変でも、

たとえ多大な損失を被ってでも、

約束した以上は守り抜く。

その積み重ねが、あの人は約束を守る人だ、と

信用に連なっていくのです。

 

なかなか『持戒』ができない事例の一つが

「人の秘密を言わないこと」です。

あなたも友人から

「このことは誰にも言わないでね」と、

秘密ごとを打ち明けられたことがあったと思います。

そこで聞きたいのは、

その秘密を今も誰にも言っていないでしょうか。

それとも誰かに

「ここだけの話だけど」

としゃべってしまったでしょうか。

 

「誰にも言わないで」と言われ、

「わかった」と承知したならば、

それも一つの約束です。

約束した以上、

誰にも言ってはならないことです。

それを貫いていけば、

長く生きていくうちに

自分の胸の中だけにある秘密は多くなってきますが、

約束した以上は、

その秘密は墓場まで持っていくべきです。

 

約束したにもかかわらず、誰かにしゃべる人は

『持戒』のできない人です。

信用されない人です。

「あいつには大事なこと相談できん」

とレッテル貼られ、

誰も表面的なことしか言ってくれなくなるでしょう。

 

そもそも打ち明けられたことさえない、という人は

すでに信用されていないのかもしれません。

 


赤穂浪士の映画のシーンに、こんなのがあります。

ーーーーーーーーーーーー

赤穂浪士討入りのため、

大量の武器を調達したのが、天野屋利兵衛。

利兵衛は、赤穂の浅野家に出入りする商人で、

家老の大石内蔵助から絶大な信頼を寄せられていた。

 

妻子にさえ秘密にしていた仇討ち計画をうちあけられた利兵衛は、

大石に協力し大量の武器を調達にかかった。

 

一介の商人が大量の武器を注文するなどおかしいと役人に捕らえられたが、

一切口を割ろうとしない。

そんな利兵衛に業を煮やした役人は、様々な拷問をしますが、

それでも利兵衛はひるむことなく、大見得をきった。

「天野屋利兵衛は男でござる」

 

役人は絶句します。

「こいつは死んでも口を割らない男だ」と。

ーーーーーーーーーーーーーー-

昔から芝居や講談でも有名な一場面です。

こんな天野屋利兵衛だからこそ、

大石は誰よりも信頼していたのでしょう。

 

自分だけ知っていることは、

言いたい衝動に駆られます。

たいていは

「ここだけの話だよ」

「あなただけだよ」

が連なっていくものです。

 

誰にもいえない事があるのは辛い。

しかしそれを乗り越えていかねば

人の上に立てる者にはなれません。

 

 

=========

 

仏教の教えをわかりやすく、体系的にまとめた全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

ソウルメイト、ツインフレームに憧れる人たち

f:id:kikuutan:20160227120556j:plain

 

 

【独生独死独去独来(2)】


『独生独死独去独来(どくしょう・どくし・どっこ・どくらい)』

「独り生まれ、独り死す。

この世に独りやって来て、

死んでこの世を去るときも独りぼっちだ」

と説かれたお釈迦さまのお言葉について、前回より話をしています。

 

孤独の悪影響を論じる医学的研究は無数にあります。

・心疾患リスクを29%上げる。

・1日たばこを15本吸うことに匹敵する。

・アルツハイマーになるリスクが2.1倍になる。

・うつ病やアルコール依存症などの精神的な疾患につながる

米国の学会ではこれらのデータから、

「病気になる人々の共通した病理は孤独だった」

という論文を発表しました。

「病は気から」とのことわざの通り、

孤独感が心身に及ぼす悪影響は計り知れないですね。

 

孤独を極度に怖れてか、

平日の昼は、誰とどこでランチするかで煩い、

子供と行く公園でも他のママさんと打ち解けようと気を遣い、

休日は予定で埋めないと不安で、

SNSでは「いいね」の数に一喜一憂し、

果てはリア充代行サービスもある始末。
http://family-romance.com/service/realappeal.html

 

しかしそういった表面的なつきあいは、

ときに寂しさを助長させるものです。

そんなとき、本当に渇望するのは、

自分のことをよくわかってくれる、心から安心できるパートナーです。

そんな人が一人いればいい、と思います。

しかしその一人が、ようとして姿を現しません。

 

「日本のどこかに私を待っている人がいる」

そんな歌が昭和にありましたが、

平成の今も、新しい元号になっても、

みな心からわかり合える人を求め続けるでしょう。

「運命の赤い糸」

「ソウルメイト」

「ツインフレーム」

名称は時代によって変わりますが、

「わかってくれる人」を切望しているのは、

いつの時代も同じです。

 

ある既婚の30代の女性が

「私はまだそういう人と出会っていない」

と口にするのを聞いたことがあります。

あからさまに言葉にはしない人の方が多いですが、

『独生独死独去独来』の人生を一変させる出会いは

心の中に秘めた万人の願望なのです。

 

=========

 

孤独な人生を一変させる仏教の救いとは何か、わかりやすく、体系的にまとめた全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

夫婦でいるのに「独りぼっち」と思う

f:id:kikuutan:20120206110800j:plain

 

 

【独生独死独去独来(1)】

 


『独生独死独去独来(どくしょう・どくし・どっこ・どくらい)』

という仏教の言葉があります。

「独り生まれ、独り死す。

この世に来たのも独りならば、

死んでこの世を去るときも独りぼっちだ」

と説かれたお釈迦さまのお言葉です。

 

 

「独り生まれ」とは“独りぼっちで生まれてきた”ということ。

考えてみれば私たちは一人ひとり、

見知らぬところから独り、この世に出てきたのです。

それからしばらくの間、この世に住まいする他の様々な人と交わり、

やがてまた「独り死す」

たった独りで見知らぬところへと旅立っていきます。

 

 

生まれた時と死ぬ時だけが、孤独なのではありません。

この世で様々な人と交わっている時でも孤独です。

それはどこにも、本当に心の中をわかってくれる人がいないからです。

「生まれたときと死ぬときだけが孤独なのではなく、その道中も孤独な一人旅だよ」

と釈迦は説かれています。

 

 

「なんて寂しいことを釈迦は言うのか」

と思われる方もあるでしょうが、一方で、

「そうだよな、職場でも、家庭でも、

心の底からわかり合える人はいないもんな。。。。」

と言い当てられた気持ちになる人もあるのではないでしょうか。

 

 

中でも、生涯の伴侶と決め、人生を共に歩む人と選んだ人からも、

わかってもらえない、わかってあげられない現実を知らされたとき、

人は深い孤独を感じます。

「一人の孤独より、二人の孤独の方が深い」

と言われるのは、そのことです。

一人の孤独はまだいい、

どこかにわかってくれる人がいるはずだ、という希望がありますから。

ところが一番わかってほしい人と出会えたのに、

その人がそばにいてくれているのに、

わかってもらえない、理解してもらえない、

その孤独感、寂しさは、一人の孤独よりずっとずっと深いのです。

 


『独生独死独去独来』をマンガにしました。

https://siawasenatta.com/?p=494

 

 

 

=========

 

仏教の教えをわかりやすく、体系的にまとめた全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。