親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

嫌いだった父親の気持ちが今はわかる

f:id:kikuutan:20190723084753j:plain

 

 

 

【布施(1)】

 


夫のことを『旦那(だんな)』といいますが、

そもそもなぜ夫のことを「だんな」と呼ぶようになったのか、

実は元来は仏教由来の言葉なのです。

「旦那(だんな)」「檀那(だんな)」とは、『布施』のこと。

『布施』とは、人に財物などを施したり、幸せを念じて教えを説くことを指し、

仏教で教えられる6つの善い行い(六度万行)(六波羅密)の一つに数えられます。

昔のインドの言葉では「ダーナ」といい、「与える」という意味です。

 

お釈迦様がインドで「ダーナをしなさい」(人に幸せを与えなさい)と勧められました。

その「ダーナ」を中国の人が漢訳したのが『布施』です。

夫のことを「旦那(だんな)」と呼ぶのが、

この「ダーナ」からきているのは、

夫は家族を支え、妻子を守る、いわゆる「与える人」だからです。

 

40代のAさんは「最近よく自分が中学、高校時代の頃の父親の姿を思い出す」と語りました。

「あの頃の父親の年齢に自分が近づいたからでしょうね。私にはあの時の自分と同じく、中学生の息子がいますし」

その頃のAさんの目に映るお父さんの姿は、

夜9~10時頃に帰宅し、居間で晩酌しながらテレビを見て、不機嫌そうにしている姿でした。

Aさんはそんなお父さんのことが好きになれなかったそうです。

父が帰るととたんに居間は居心地悪い空間になり、

子供たちのお茶の間での団らんタイムは終わり、

父親が着替えている間にAさんと兄弟は

そそくさと子供部屋に行くのでした。

 

そんなある日、家族でフェミリーレストランに行った時のこと。

たまたま父親が仕事関係の人と出会ったらしく、

家にいる時とは別人のように相手にニコニコと近づき、

ハハハと声を上げて笑いながら相手と話し始めるのです。

「ふだんろくに受け答えしない寡黙な父が?!」

その光景は自分にとって衝撃で、

それは家族全員そうだったらしく、

みな呆然とその姿を眺めていました。

 

「家の中ではむっつり威張っているくせに、

なんだよ、外ではあんなに愛想笑い浮かべてペコペコ頭下げて」

とますます父親が俗っぽい小市民に見えてきて、

その時以来、Aさんはよけい父親のことが嫌いになりました。

 

そんなAさんも社会人となり、営業の仕事に就き、

結婚し、子供も中学生になりましたが

今になって、当時の父親の姿が思い出されてくるそうです。

現在Aさんは営業成績を上げるのに必死で、

お得意先を訪問したり、接待したりの日々で、

毎月の営業ノルマ達成に心身をすり減らしています。

営業成績が棒グラフで表示され、常に叱咤され、

成績が悪ければ給与にも響くし、リストラになるかもしれない。

そうなったらとても妻や子供を支えていけないのですから、

疲れた身にむち打って仕事をしています。

 

一日が終わると心も体もくたくたで、

家に帰るとテレビ観ながらぼーっとしているそうで、

「あっ、あのときの父と同じだな」と気付くそうです。

「父もくたくただったんだな。

今ならあのときファミレスで愛想笑いで近づいていった父の気持ちもよく分かる。

家族を支えるために必死になっていた姿だったんだな」

と、感謝の心がこみ上がり、

今度は自分が支える番だと思うそうです。

 

このように妻や子供を支えるという重い責任を背負って一生懸命がんばっている一家の長の姿に

「旦那」(与える人)と呼ぶようになったのでしょうね。

 

 

 

 =========

仏教の教えを分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

 

出家と在家を差別しない浄土真宗

f:id:kikuutan:20190720090047j:plain

 

【道俗(2)】


“「出家(僧)」も「在家(俗)」も差別なく、みな一緒である”

と親鸞聖人が説かれたことは

当時の仏教界には青天の霹靂でした。

それまでの仏教は、極楽に往き悟りを開くのは、

仏道修行を積み、煩悩を落とすことができる「出家(僧)」だけとされ、

「在家(俗)」は仏道修行の器にあらず、とその違いは明確に分けられていたからです。

仏教界の常識を破壊するとんでもない奴だ、と

天台や真言の僧侶は親鸞聖人を激しく誹謗迫害し、

やがてそれは越後流刑を引き起こします。

 

親鸞聖人の肉食妻帯に騒然としたのは仏教界だけではありません。

在家の人たちも、「出家(僧)」も「在家(俗)」も何の違いもない、

と言い切られる親鸞聖人の教えは衝撃でした。

彼らにとって、法衣に身を包み、煩悩のなきように振る舞う僧侶の姿は、

さすが山で厳しい修行をし、徳を積んだ僧侶だと映っていたからです。

在家の人がそのように誤解していることは出家の者にとっては、

彼らの読経や祈願の依頼でふところが潤うことにつながるので都合が良く、

徳の高い僧侶に見られるような立ち振る舞い、言動に力を入れていました。

 

そんな時代にあって、親鸞聖人は「出家(僧)」も「在家(俗)」もなんら差別もなく、

みな煩悩具足の凡夫(欲に渇き、怒りに燃え、ねたみそねみがとぐろを巻く煩悩の固まりの人間)であり、

だから苦しみ悩みから離れられない悲しい存在でもあり、

そんな者だからこそ救いたもう阿弥陀仏の救いがあることを宣言されたのです。

 

今日でも大企業の社長、裁判官といえば、

世間一般の人よりずっと分別もあり、品行方正の人格者と映るので、

スキャンダルや事件を起こすと、「まさかあの人が....」と

周りの人を驚かせます。

「裁判官が盗撮だなんて信じられない」

と驚いていますが、

もともと盗撮するするような者が

きっかけがあって裁判官の資格をとっただけ、

と思えば何のおかしなこともありません。

「大企業のトップがのあの人が恐喝だって?」と唖然としていますが、

恐喝するような者が

たまたま企業のトップになっていただけと思えば

何の不思議なことはありません。

 

酒屋に行くと一升瓶に特級酒とか一級酒といったラベルが貼ってあり、

そのラベルによって値段の桁が一つ違うのを見ると、

ずいぶん日本酒の値段って幅があるんだなと思いますし、

桐の箱に入っていたり、和紙に包まれていたりすれば、

さぞおいしい味なんだろうな、と思います。

ところがどれも中身はただの水だったとしたらどうでしょう。

ただラベルによって高級そうに、有り難そうに、おいしそうに見えているだけで、

中身はどこにでもある水道水だとすれば、どうだろう。

 

実はそれと同じことで、人間はみな欲に渇き、怒りに燃え、ねたみそねみがとぐろを巻く煩悩の固まりであり、

これを『罪悪深重・煩悩熾盛の衆生』と親鸞聖人は言われています。

~大臣だ、~長だ、と張り付けてある表面のラベルに騙されてしまっているのですが

欲と怒りにまみれた人間の実態は何ら変わるものではない、

と知り抜かれた親鸞聖人にとっては、「僧」も「俗」もなかったのです。

 

 

 =========

仏教の教えを分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

 

道俗を差別しない教えが仏教だと説かれた親鸞聖人

f:id:kikuutan:20190718135520j:plain

 

【道俗(1)】


「道俗」という言葉があります。

「道」とは僧侶のことで、出家の人、ともいいます。

家庭を持たず、肉も食べず、仏教の戒律を守り、仏道修行に打ち込む人のことです。

「俗」とは俗人のことで、在家の人、ともいいます。

家庭を持ち、肉も食べる一般の生活を送る人です。

 

その昔、天台や真言の僧徒たちは、

「道」と「俗」の違いは厳密に定義し、その違いが強調しました。

天台宗の比叡山や真言宗の高野山などが長らく女人禁制で猟漁りが禁じられていたのは

戒律を守る僧侶、いわゆる「道」が、修行し、生活する山であったからです。

そこは俗人が足を踏み入れてはならないところでした。

 

俗人が修行の山に入る時には、

出家得度の式で髪を剃り、

世俗の名前を捨て、僧侶とならねばなりませんでした。

そうして仏の道に入った僧侶でも、

もし戒律を破り、俗人のふるまいをしたら、

修行の山からは破門され、

「破戒僧」「堕落坊主」と軽蔑され、生涯、嘲笑誹謗されたのです。

 

この「道」と「俗」の鉄壁を取り払い、

すべての人が等しく救われる大道を開かれたのが親鸞聖人その人です。

浄土真宗、親鸞聖人の教えでは、出家の人と在家の人を差別しません。

親鸞聖人は僧侶、俗人を差別されることなく、

どんな人とも分け隔てなく親しく仏法を説かれました。

ご自身もまた20年の仏道修行を捨て、結婚され、

俗人としての生活を全うされています。

 

そんな親鸞聖人を歴史家は

「山上の仏教」を「山下の仏教」に、

「出家の仏教」を「在家の仏教」に、

「貴族の仏教」を「庶民の仏教」に、

日本の仏教の形、ありかたを変えた人として紹介します。

 

ではなぜ親鸞聖人は、このような大変革を断行できたのでしょうか。

それは仏の眼から見れば、「出家」「在家」の違いなど何もないことをよくよく知っておられたからです。

着衣、剃髪、生活スタイルを変えて在家の人とは違いがあるように振る舞っているが、それは表面のこと、

心の底まで見透す仏の眼からご覧になれば、

すべての人の中身は一様に何も変わらない「煩悩具足の凡夫」です。

欲が渇き、怒りに燃え、ねたみそねみがとぐろを巻く煩悩の固まりであることは

「出家」だろうが「在家」だろうが、何の違いもないことを

はっきり知らされた親鸞聖人は

「出家」と「在家」を一切差別されなかったのです。

 

 

 =========

仏教の教えを分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

 

同調圧力に屈するわけにはいかない、あなたの人生の目的は何ですか

f:id:kikuutan:20190716140729j:plain

 

 

【人生の目的(1)】


沈没しかけた船から海に飛び込むよう船長が説得を行う、有名なジョークがあります。

アメリカ人には「飛び込めばあなたはヒーローになれます」

ドイツ人に「飛び込むのはルールです」

イタリア人に「飛び込めばあなたは女性に愛されます」

日本人に 「みんな飛び込んでますよ」

 

これが世界の人の典型的な日本人の印象ということですかね。

「みんな~してますよ」の言葉に弱いのは日本人だけでなく、

もちろん他国の人もそういう人間心理があるに違いないですが、

確かに日本人はみんなと歩調を合わせなければ不安になる傾向が強いように思います。

単一民族の島国だからか、

稲作の共同作業生活だったからか、その理由はいろいろありそうですが、

なにしろ子供の頃から

「人様に迷惑をかけることだけはするなよ」

「世間さまに笑われるような人間にはなるなよ」

と言われて育ちます。

理不尽なことでも年長者から

「世間とはなぁ、そういうもんなんだ」

と言われると、その主張が通ってしまうものです。

日本人に特に強い、一種の「世間」信仰とでもいいましょうか。

 


教室でも、職場でも、近所付き合いでも、

周りと足並みそろえてできない人の評価は低く、

空気が読めない人と疎んじられます。

会社の会議でも、根回しが重要視されますし、

「世間の常識」「定説」「しきたり」「伝統」という言葉に弱いのも、

日本の特徴です。

 

この日本人の特徴は、

秩序、団結、協調性など世界中の人が一目置く美点として発揮されますが、

一方で少数意見や弱者の声を封殺し、異端を許さぬ偏狭な集団になる危うさも秘めています。

世間信仰の長所と短所といえましょう。

 

多数派に身を委ねる方が悩まなくていいので楽ですし、

レストランや読む本を選ぶ際は、そうした方が堅実です。

しかし人生の根本的な問い、

「何のために生まれてきたのか?」

「なぜ生きるのか?」

「どうして自殺してはいけないのか?」

といったこれらの問いには、その時代の潮流に身を任せて答えを安易に出していい類いではないはずです。

多数派のどこかで借りてきた言葉を並べて事済む問いではありません。

 

その昔、シッダルタ太子は29歳の時、

王と王妃であった両親、側近の大臣、家来、国民全てが太子に望んでいる道を選ばず、

ただ一人夜中密かに城を出て、真の幸福を探求する道に入られています。

誰も評価しない、常識破りの人生の選択でした。

そして35歳12月8日、ついに仏の悟りを開き、お釈迦様(ブッダ)となり、

全人類の救われる大道を開かれたのでした。

 

 

 

 =========

仏教に説かれた人生の目的とは何か、ブッダの教えを分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

 

業力不可思議・なぜ今私はここにいるのか・仏教の運命論

f:id:kikuutan:20190714153740j:plain

 

 

【業力(1)】


もう10年ほど前のことですが、

仏教講座に来られた40代のAさんは、

ちょうどバブルの絶頂期に入社された方でした。

その会社はボーナスが年3回出る優良企業です。

会社がAさんの携わっていた事業から撤廃したので、

新部署が決まるまでは、海外旅行などしてゆっくりしている、と言われていました。

その間の収入は?と訊くと、

正社員なのでリストラの心配も無く、

会社を休んでいても給料は出るそうです。

いい会社ですね、うらやましいです、とため息交じりに言うと、

なんでもAさんはその会社にさしたる就職活動もせず、

ただ大学の先輩から、うちの面接と試験を受けてみないか、と夕食をご馳走され、

すぐ決まったそうです。

あのころはそうだったんですよね。

私の大学卒業時もバブルの終わりかけの時でしたが、

やはり就職は引き手あまたでした。

 

その方が言われるには

会社に自分の後輩として入ってくる20代、30代は、

みな一流大卒で優秀な人材だそうです。

「うちに入ってくるのは、自分のような三流大は一人もいない、

たとえ一流大でも今はうちの会社はなかなか入れないですよ。

もし自分が今のご時勢で就活してたら、絶対入社できなかったんですよね。

そうなると、どんな才能で、どんな人格か、どの大学出たか、というよりも、

いつの時代に生まれたか、のほうが大きいですよね」

と言われていました。

 

心に残ったので、8年前のメルマガに、このエピソードを書いたことがあります。

それをなぜ今になって思い出し、再度書こうと思ったかというと、

中高年の引きこもりについて述べたメルマガの感想メールを

読者さんがくだされたのがきっかけでした。

ーーーーーーーー

40代後半の娘に、ほんのちょっとだけ意見を聞いてみたことがあります。
「自分たちの時代、子供が非常に多かった。団塊世代の子供。
就職するにも、超氷河期で、相当努力しなければ正社員になれなかった。
当時、公文の会社説明会に出席したところ、2000人ほどの学生が集まっていた。
もうダメだと思ったこともあったけど、諦めずにたくさんの会社説明会を受けて頑張ったから、おかげで今がある。
優秀であっても、非正規社員が多く生まれた時代ではないか」。

ーーーーーーーー

あの頃の就職戦線は、ちょうど団塊ジュニア世代で競争相手も多く、

かつ平成不況のど真ん中で、超氷河期だった時ですよね。

特にリーマン・ショック期は「就職できればどこでもいい」と学生も血眼になっていたものです。

現在40代の引きこもりが多いというのも、こういった時代背景と無関係ではないのでしょう。

 

ひるがえって現在の就職戦線はどうかといえば、

史上空前の売り手市場です。

「有給休暇100%」「女性管理職比率3割以上」など、働き方改革に便乗した企業のアピール合戦は続いています。

2020卒の学生が職場へ希望する条件も

「30歳までに年収800万円あって、安定していて、20時に帰れて、裁量権が大きい仕事がいい(明治大学、21歳)」

など氷河期世代が聞いたらひっくり返るような言葉も聞かれます。

 

高度経済成長、バブル、平成不況、リーマンショック、アベノミクス....

次々と変遷する世の中です。

その人が就職活動をした時期が、ちょうど超氷河期だったか、それとも今のように空前の売り手市場なのか、

いわゆる生まれる時期の10年、20年の差が、大変な運命の違いを生み出しているのです。

 

資質や努力よりも、生まれた時期の違いで収入や立場が決まってしまう、

とはなんとも不公平な話ですが、

人は多かれ少なかれそういった理不尽さを人生のいろいろな場面で感じながら

生きています。

 

しかしまだ私たちは平和な時代に生を受けたことを感謝しなければならないともいえます。

私の祖父二人は戦争に行き、

還ってきたときには一人は髪がなくなり、一人は総白髪になっていたと聞きました。

よほど戦地で壮絶な体験をしたのだと思います。

それでも生還できたことを家族みなで喜んだそうです。

戦時中のエピソード、人々の手記、家族に送った手紙など読むと、しみじみと、

「もしこの時代に生を受けていたら今ごろ自分はどうなっていただろうな」

と思いを馳せます。

そして現在の我身に振り返り

「なぜ私はこの時代にここに生を受けたのかな」

と考えさせられます。

 

この時代、この国に生まれ、この人と出会い、こういう道を進んでいる、

我が身に訪れた不思議に思いっきり感謝の言葉を捧げたいと心から言える、

そんな人生でありたいものですね。

 

 

 

 =========

仏教に説かれた真の希望とは何か、ブッダの教えを分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

 

フランクル『夜と霧』から知る「生きる力」とは

f:id:kikuutan:20190712084944j:plain

 

 

【摂取不捨の利益(1)】


フランクルの『夜と霧』は、著者が体験した壮絶なアウシュビッツ収容所での生活が綴られ、読む人を圧倒します。

食事は日に一回与えられる水としかいえないようなスープ、

人をバカにしたようなちっぽけなパン、

それに「おまけ」は日によって違い、二十グラムのマーガリンだったり、

粗悪なソーセージ一切れだったり、チーズのかけらだったりする、

それでいて極寒の野外での重労働を課せられ、栄養失調でバタバタと倒れていく、

室内の天井からつららがぶら下がる火の気のない収容棟で寝起きし、

働けなくなるとガス室に送られる、

気が狂う者も続出する、

そんな言語を絶するような収容所生活の日常を、心理学者であるフランクルが

自身や周りの収容者の心理分析をしながら語っていく内容です。

 

それでも少数の人が生き延びることができたのはどうしてだったのか。

それは「いつか解放されて家に帰れる」という未来への希望でした。

 

収容所である年、クリスマスから新年の間、

かつてない大量の死者を出したことがありました。

労働条件、食糧事情、気候の変化、伝染病などは例年と変わることもないのになぜ大量死したのか、

管理するドイツ兵は原因がわからず首をかしげましたが、

収容されていた者たちは全員その原因をよく知っていました。

それは「生きる明かりを失ったから」だったのです。

 

なぜかその年の夏頃から収容者たちの間で「クリスマスに家に帰れる」といううわさが流れました。

信憑性のないただの噂がいつしか彼らの生きる明かりになっていき、

重労働のあと、収容棟で交わされる囚人の会話は、

解放されたらどうするか、の話ばかりとなり、

合い言葉は「クリスマスまで死ぬな」となっていきました。

ところがクリスマスがやってきて、過ぎ去っても、

何らいつもと変わらぬ重労働の日々、収容所は何も変わらない。 

彼らは噂がデマであったことを知ってしまい、

落胆と失望で生きる気力を失い、バタバタと倒れていったのです。

 

このエピソードは、人間がいかに『希望』を生きる力としているかを示しています。

スープも毛布も生きる力に違いないですが、

それ以上に『希望』こそ大切なのです。

どんな劣悪な環境でも(こんな収容所であっても)

未来に希望があれば、苦難に立ち向かって生きる力がわいてきますが、

人生行路の行く手に明かりがなくなると、とても耐えられなくなってしまいます。

どうしても人間には生きる明かりが必要なのです。

 

今日の日本でも、青少年の自殺が年々増加しています。

大人は「そんなバカなことを考えずに、前向きな気持ちを持って」「きっと乗り越えられるよ」と励ましますが、

自殺願望の若者の心に響くものではないようです。

彼らには「生きろ」という言葉が「もっと苦しみ続けろ」と言われてるようにしか思えず、心を閉ざすのでしょう。

本当に伝えなければならないのは、彼らがうなずけるに値する、確固たる生きる希望です。

それはいったい何でしょうか。

 

引きこもりの中高年が引き起こした事件も多発しています。

70万人とも80万人とも言われるこれらの人たちに示すべき将来の希望は何でしょうか。

末期ガンで闘病生活を続ける人にとって、未来への明かりは何でしょうか。

人類はどんな事態に陥っても色あせることも薄れることもない真の希望を希求しています。

 

 

 

 =========

仏教に説かれた真の希望とは何か、ブッダの教えを分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

 

長寿は不幸、長生きは悪いことと思い始めた日本人

f:id:kikuutan:20190710160758j:plain

 

【老苦(1)】


人類史において長らく「長寿」は貴重なことであり、幸福の大きな要素でした。

祝いの意を表す「寿(ことぶき)」という字が使われますし、

88歳の米寿のお祝い、99歳の白寿のお祝いなど、

長生きした区切りにお祝いの行事もありました。

つい150年ほど前まで人類は、はしかや胃かいようなどの病でも命を落としましたし、

疫病で村の半分が死んだ、とか、飢饉が襲い村が全滅した、

といった事態がそこかしこで起きました。

そんな時代にそれらの不幸や災難に遭わずに長生きできることは、

貴重なことであり、人々にとってこよなく幸せなことでした。

 

その長らく人類が幸せの要素と固く信じてきた「長生き」が、

比較的容易に手に入れることができるようになった現代、

果たして長生きは幸福といえるのだろうか、

と人類は疑問を持つようになってきています。

しかもそれは皮肉にも、幸せになりたいと人類が全身全霊、長寿の研究工夫を重ね、

長生き社会が実現できてしまったからこそ、

起きてきてしまった疑問なのです。

 

その現代でも、もっとも「長寿」を体現した国が、この日本です。

日本の有する高度の医療技術、食生活、清潔な住環境、しっかりした社会保障制度は、

この国を世界一の長寿国にのし上げ、

今や60歳以上の人口割合の世界平均は14%に対し、日本は40.9%、超高齢化国家です。

ところがそのことで世界のどこよりも切実に

「長生きは良いことか」という課題を突きつけられています。

 

寝たきりの親の介護で仕事を離れ、その状態が何年も続く「介護離職」

80代の老いた妻が80代の老いた夫を介護する「老老介護」

軽い認知症の夫が重い認知症の妻を介護する「認認介護」

増加し続ける社会保障費、現役世代の負担増、それに伴う少子化、

高齢者の暴走事故、振り込み詐欺、孤独死etc.....

 

「子供に迷惑かけてでも長生きしようとは思わない」

「ぽっくり死にたい」

「長生きすると、貯金が不安だ」

と世間中がまるで長生きが不幸をもたらす元かのように語っています。

 

2600年昔、お釈迦様は

「人身受け難し 今すでに受く」

“生まれがたい人間に生まれ、生き続けていることはなんとありがたいことだったのか”

と心底から長生きできたことを感謝せずにおれない幸福があることを教えられました。

「長生きしなければ、こんな幸せがこの世にあることを知らなかった」

「老いても、病になっても生きねばならない理由は、この身になるためだったのか」

と老いと病と死を超える幸せがあることを、釈迦は生涯かけて説かれました。

またその幸せにどんな人でもなれることを鮮明にされたのが、

800年前、鎌倉時代に現われた親鸞という方でした。

仏教は、長生きの意義を感じられなくなった現代人の心の闇を晴らす教えなのです。

 

 

 =========

老いと病と死を超えた幸福の現存を明らかにした仏教を分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。