親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

釈尊(ブッダ)が説く『人生の大事』と自分軸を比較してみてどうだろうか?

f:id:kikuutan:20150328224445j:plain

さて、そんな天変地異が起きれば、

私たちが日々頭を悩ませ、

こだわっている憂いのほとんどは

吹っ飛んでしまいます。

 

学校に行かなければクラスで

仲間はずれになるだの、

ここで上司にポイント稼いでおかねば

出世に響くだの、

追加徴収の税金納めなきゃとか

どっちでもいい問題になる。

 

たとえ天地がひっくり返るような

天変地異のさなかでも、

これだけは絶対に譲れないという、

人生の大事はあるのでしょうか。

 

釈尊は「ある」と説かれます。

 

これを「一生参学の大事」

といいます。

 

現代社会もめまぐるしく

変動しています。

 

あるワンマンの中小の経営者が、

SEO対策だの、

アドワーズ広告だの、

時代についていけず、

最近、会社を手放されたそうです。

 

効果的なダイレクトメール戦術を

長年の経験と知識から磨き上げて、

社員を叱咤して

会社を牽引してこられたそうですが、

「そんな信念は、今はもう何の意味も

持たなくなってしまった」

と寂しそうに語っておられました。

 

一世を風靡したビジネススタイルも

たちまち過去の遺物となり、

時代の寵児ともてはやされた人も

今はどこへ行ってしまったやら。。

 

あなたは、たとえ世の中が

どんなに変わっても、

天地がひっくり返るような

環境の変化に見舞われても

譲れない信念、

守るべき誇りがありますか。

 

そういった「自分軸」を持たず、

常に変動する他者が

「こうすればいい」「これぞ成功」

と語っているものに

自分もなれば幸せだといえましょうか。

 

たとえ地球の自転軸が変わっても、

微動だにしない「自分軸」はなんだろう。

 

時に立ち止まって考えてみる必要が

あるのではないでしょうか。

 

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。