親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

他人のことはよく見えるが、「ありのままの自分」が分からないと知らされる事例【心は蛇蠍のごとくなり(2)】

f:id:kikuutan:20100521052709j:plain

『心は蛇蠍のごとくなり』という

親鸞聖人のお言葉をテーマに話ししていますが、

蛇蠍って、どのように読むんですか?

と何人かの方からお尋ねがありました。

 

蛇蠍とは、「じゃかつ」と読み、

蛇とはヘビ、蠍とはサソリのことです。

 

自分の心の中にヘビやサソリのような心があると聞いても

首をかしげる方もあることと思います。

 

そこで、

『私の知らない私の心』

『私のわかっていない私の姿』を

さまざまな角度からお話ししてきました。

 

思えば、『私の知っている私の心』は、

ほんの氷山の一角で、

海面に隠されたその姿は

いかなるものか。

 

親鸞聖人の『こころは蛇蠍のごとくなり』は、

その海面下の自己を知らされた告白です。

 

今日も、このテーマをある事例を通してお話しします。

==============

 

2010年に宮崎県の口蹄疫騒動がありました。

 

収束をむかえた直後に

何万頭という牛や豚が殺処分されました。

 

口蹄疫にかかったからではなく、

口蹄疫にかかる疑いがあるということで、

健康な牛や豚が殺されました。

 

行政としては当然の処分ということになりますが、

殺されていった牛や豚は当然だとは思っていないでしょう。

 

動物界における絶対権力者である人間と比べれば、

彼ら牛や豚は実に弱い存在なので、

文句も言えず、主張も許されず、

諾々と殺されていった、といえましょう。

 

一昔前になりますが、

多摩川べりに現れたということから

「タマちゃん」と呼ばれて愛されたアザラシがいたことを

記憶されている方もありましょう。

 

大人も子供も夢中に手を振って

「タマちゃ~ん」と呼びかけ、

グッズまで販売されて、

タマちゃん騒動と言われました。

 

当時、そのタマちゃんに石投げつけるという

悪ふざけをした中学生3人組がありました。

 

その現場を報道した女性キャスターが

「あっ、見えました。・・中学生か高校生でしょうか。

 ひどいです。学生服姿の3人がタマちゃんに石を投げつけています。」

と涙声だ。

 

その中学生、やがて住民に囲まれて、

「お前ら、タマちゃんに謝れ!」

と叱られていました。

 

やがて中学生、正座させられて

反省をもとめられていました。

 

タマちゃんも、口蹄疫の疑いある牛や豚も同じ動物で

体の大きさも脳の大きさも

そんなに変わるものではないでしょうに、

かたや伝染病にかかる疑いあり、

ということでばたばたと殺されていく。

一方は溺愛され、石を投げつけただけで、

悪人扱いされたりする。

 

そういえば、もっと前に、

カモに矢が刺さった痛々しい映像がテレビに映り、

お茶の間の同情を誘ったこともありましたs。

 

それをテレビで見ながら、

「矢ガモかわいそう」といいながら、

ケンタッキーフライドチキンをほおばっていた自分を思い出し、

苦笑します。

 

動物愛護もそらぞらしくなってまいります。

 

これも

【空言たわごと真実あることなし】

の人間の実態といえないでしょうか

 

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。