親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

自己反省をアピールする卑下慢

f:id:kikuutan:20150619093201j:plain

【卑下慢(3)】

 

七つの慢心の中の一つに

「卑下慢」を釈迦は説かれています。

 

「卑下慢」とは、

卑下しながら自惚れることです。

私ほど頭の低いものはおらんだろう、と

ニンマリする心です。

 

自分のお粗末さを強調することによって

自分を良く見せようとする。

自己反省が深いことを

アピールするのです。

自己反省の深さを誇示している心です。

 

“私は自分は愚かなものだと知っている、

 こんな風に己を見つめている人はいないでしょう。”

という心が私たちには常にあります。

 

“自分は人より深く反省している人間なんだ。”

こういう心が絶えず動いています。

 

「私は馬鹿な奴なんです」

と自嘲して見せたときに、相手が

「うん、本当にあんたは馬鹿だと言ってる人いるよ」

と返すと、血相変えて

「誰ですか!私のことをそんな事言うのは!」

といきり立つ。

「あの人が!?よく言うよ、あの人こそ○○で~」

とまくしたてる。

本当にお粗末な人間だと思っていないことが

すぐ暴露されます。

 

人間が人間である以上は

心から謝るのはあり得ない。

どんなにたくさんの涙流していても、

体中から汗が出るほど「申し訳なかった。」と懺悔しても

やはり同時にこの卑下慢が出てきて、

自惚れ始める。

 

どこどこまでも卑下慢は

人間には離れきれない、と釈迦は説かれています。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。