親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

あなたはどこに向かって生きますか?

f:id:kikuutan:20150911205306j:plain

【出世本懐(1)】

ラジオ体操のお兄さんが

「今日も一日頑張りましょう!」

というと、

「どこへ向かって頑張るつもりなん?」

と突っ込みたくなります。

「あなたはどこに向かって生きますか?」

これは本質的な問いです。

私は小学生の時、手塚治虫にあこがれて

漫画家になりたいと思ったことがあります。

級友には恥ずかしくて見せませんでしたが、

ストーリー漫画をこっそり描いていました。

漫画家、という方向に向かって進み始めた私を、

うちの親は、このままでは勉強しなくなるのでは、と心配したのか、

手塚治虫は漫画家でありながら医者の免許もあった、

お前も漫画家でありながら何か資格を持った方がいい、

と巧みに誘導され、

当時何かのアメリカ映画で、弁護士っていいなあと思っていたことも手伝って、

漫画家であり、さらに弁護士を兼ねようと勉強も始めるようになりました。

さらには教師になりたいと思った時期もあり、

やがてはどの道に進んでも幸せになれそうもない、と考えるようになり、

自分の進む方角を見失い、

とりあえず東京の大学に行っていろいろな経験をしてから決めよう

となっていきました。

あなたはいかがだったでしょうか。

どこへ向かって生きるのか、と聞かれたらたいていは

こんな仕事に就きたい、と言います。

【仕事】

あるいはマイホームを建てて温かい家庭を作る、

のが人生の目的という人もあり、

【家庭】

世界中に旅行に行っておいしいもの食べるのが目的、という人もあり、

【旅行】

あるいは日本で初の9秒台を出したい、と記録を作ることを目的にしている人も
あり、

【記録】

ノーベル賞取るような学問上の発見や発明がしたい、という人もあります。

【名誉】

また「大金持ちになりたい」という人もあります。

堀江隆文氏がどこかのインタビューで

「みんなお金が好きすぎます。」とコメントしていましたが、

お金を得る、ことを目的に、そこに向かって進んでいる人は多いです。

【お金】

【仕事】【家庭】【旅行】【記録】【名誉】【お金】・・・

はたしてこれらは生きる目的と言えるでしょうか。

これを手に入れたら「生まれてきたのはこのためだった」と満足できるものなの
でしょうか。

検証してみたいと思います。

明日に続きます。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。