読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

親鸞は弟子一人も持たず

f:id:kikuutan:20160122204741j:plain

【親鸞は弟子一人も持たず(1)】

 

■『親鸞は弟子一人も持たず』とは、

歎異抄の中の有名な一節です。

親鸞聖人は、

指導者意識、派閥根性を

徹底して嫌われた方です。

 

■組織のリーダーや会社の経営者なら誰でも、

「どうしたら皆をまとめていくことができるのか?」

というテーマには関心が高いでしょう。

チームのキャプテンも、家族の中のお父さんも

どうやったらみなの心をこちらに向けていけるか?

考えることでしょう。

 

■しかし、よく考えてみると

そもそもその思いが、自惚れでないでしょうか?

みんなをまとめる。

そんな力、誰があるのでしょう?

そんな事できる自分ではないではないか。

そもそも、自分の心さえ自分で統御できずに

「わかっちゃいるけどやめられぬ」

と失敗している者なのに、

どうして人の心をまとめていける、というのだろう。。。

 

■親鸞聖人は、自分で自分の心さえどうにもならない

己の悲しい実態を知らされ、

「こんな親鸞が人を導けると思うのは笑止千万だ」

と自戒され、

【親鸞は弟子一人も持たず】

と宣言されたのです。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。