読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

この世で最も不幸な人は

f:id:kikuutan:20160328210437j:plain

 

神田の出版会社に勤める友人と

新橋でご飯食べてきました。

入社5年目の彼を私は学生時代から知っていますが、

自信と穏やかさが顔に現れており、いい大人の顔になりました。

仕事やプライベートが充実しているんだな、

と見た目の印象でもわかりました。

 

その彼がしみじみと、

会社勤めでいちばん大事なのは人間関係だと思う、

と言っていました。

今の上司から信頼もされて、

いろいろ話しも聞いてもらえて申し訳ないくらいだ、とか。

 

上司も素敵なんでしょうが、

そう感謝できる彼も素敵だと思いました。

とかく職場の不満と上司の悪口が横行する中にあって

感謝の心をもって仕事する姿は

私だけでなく、多くの人から一際輝いて素敵に見えることと思います。

 

「鶏が先か 玉子が先か」という言葉もありますが、

上司が素敵だから、彼は感謝もし、仕事にもやる気が出ている、

ともいえますし、

彼が感謝の心を持ってやる気を持って仕事に取り組むから、

上司が彼を信頼し、素敵な上司に思えてくる、ともいえるかと思います。

 

逆に、上司がワンマンで部下の意見を聞かないから

部下のやる気がなくなる、ともいえますし、

部下にやる気がないから、上司が部下を信頼しなくなりワンマンになる

ともいえましょう。

これもどちらが先か、というものでもないでしょう。

 

このことは夫婦の間でも、親子の間でも同じことが言えるかと思います。

「この世で最も不幸な人は感謝の心のない人である」

と言われるとおりですね。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。