親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

愛別離苦は当然の真理だが、受け止めきれない

f:id:kikuutan:20160711204238j:plain

 


【どうして人は別れねばならないのでしょうか】

愛する家族を亡くした時や、

最愛な人の失恋などに直面した時に、

多くの人が自問自答することです。

 

仏教では、『諸行無常』は真理であり、

『会者定離』も世のならいである、と説きます。

▼会ったならば、必ずいつかは別れなければらない。

▼生きている人間は、やがて死んでゆかなければならない。

これは動かしがたい真理だと、説きます。

 

こう聞けば、「そりゃそうだろう」と、

誰もが納得することでしょう。

しかしそれが、自分の愛する人だった場合は、

別れるという平凡な事実が、

耐え難く、認めがたいものになります。

 

「どうして別れなきゃいけないの!?」と、

遺体にすがって泣くこともあります。

「どうしてって、それが真理だから、だよ。

手から物を離したら下に落ちるだろ?

それと同じで、真理なんだよ。

どうしてもこうしてもないんだよ。」

ということなのです。

 

むしろ、

「あの人200歳になるけどまだ死なない」

そんな人がいたら、それこそ

「どうして死なないの?」

と、身体ゆすって聞きたださなければならないところでしょう。

 

人は別れる。人は死ぬ。

3歳の子供でも知っている、あたりまえの事実ですが、

それが、自分の愛する人に起きたときに、

「どうしてなの?!」

「なぜこんなことに!」

と口をついて出るのが人間なのです。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。