親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

2時間で引きこもりを治す“奇跡のおばちゃん”に物申す

f:id:kikuutan:20170313213346j:plain

 

【出世本懐(1)】


「バカヤロー!!」

「甘えるな!!」

「ふざけるな!!」

学校に行けなくなった子供をどなりつける。

親にも、「子供になめられてるんじゃねー!!」。

2時間で引きこもりを治すという、

通称"奇跡のおばちゃん"の荒療治です。

 

彼女の持論では、

「人間は苦しみを一つ一つ克服しながら大人になってゆくもの。

しかし不登校や引きこもりの子供は、その苦労から逃げている。

甘やかす親にも原因がある」

となかなか手厳しいです。

「だから、私が闘わせるんです。逃げることに慣れたら、

一生逃げ続けなくちゃいけなくなりますから」

 

たしかにそのおばちゃんの言うとおり、人生は苦しみの連続で、

生きる以上は、それらの苦難から背を向けずに

戦い続けなければなりません。

 

その上でそのおばちゃんに聞きたいのは、

「なぜ人間は逃げずに戦い続けなければならないのですか?」

という問いです。

根本的には「働く意欲」というのは、

人間の内面の問題だと思うからです。

 

ニートのある若者は、こう語ります。

「お金は要らない。そんなに物欲がないんですよ。

それよりも精神的に満たされたい」

「とりあえず動くってできない。納得したいんです」

 

作家・村上龍氏は、こう評してます。

「彼らは人生を放棄したわけではない。

立ち止まって、自立の芽を探しているのだ」と。

 

苦しみは時に耐えられないほどの重みとなって

その人にのしかかることがありますから、生きるための苦闘は

「そんなにまでして。。。」という場面も少なくありません。

「そんなにまでしてなぜ生きるんですか」

「いつか必ず消えゆく命、

 戦い続けて生きているのは何のためなのでしょう」

 

もっとも大事な「生きる目的」が示されぬまま、

ただ苦しみに負けず

「生きよ」「がんばれ」「死ぬな」の連呼は、

ゴールなき円形トラックをまわりつづけるランナーに

鞭打つようになりはしないでしょうか。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。