読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

謝罪する人は損するようで得をしている、と説かれた釈迦

f:id:kikuutan:20100520125929j:plain

 

 

【禅定(1)】


仏教で教えられる六度万行の一つに『禅定』があります。

「禅」は「しずめる」、「定」も「定める」こと。

散乱する自分の心をしずめ、定めることをいいます。

人のことばかり「あいつが悪い」と非難する心をしずめ、

自分の問題点や失態を反省することです。

 

たいてい私たちは人の問題点やミスには厳しくあたりますが、

自分の問題点やミスとなると、なかなかメスが入らないものです。

自己を反省し、悪いところを認め、謝罪するのは

口で言うほど簡単ではなく、大変難しいことですが、

それはお釈迦様が勧められた、良い種まきですから、

やがて幸せな花が咲きます。

 

今から話すことは事実を基にして創作したフィクションです。

場所は小学校の放課後。

A君は、友人B君とサッカーをしていて、

教室の花瓶を割ってしまいました。

その花瓶はみんなの寄せ書き入りの大切な花瓶だったのです。

怖くなった2人は、すぐその場から逃げました。

 

翌日の放課後、サッカーボールと壊れた花瓶の状況証拠から

誰がやったのか、緊急のホームルームの時間になりました。

正直に申し出る者が出るまでホームルームは続行だ、という教師に

教室中「やった奴、早く言えよ~」という雰囲気です。

 

いたたまれなくなったA君が、B君の方に目をやると、

ちょうどB君と視線があいました。

B君は真摯な顔もちで、ゆっくり静かにうなづきました。

「あー、これは自分達がやったのを告白しようと

B君は言っているんだな」とA君は判断し、

静かにうなづき返しました。

 

一呼吸置いて覚悟を決めたA君、

「はい、自分がやってしまいました」と手を挙げました。

当然、後に続いてB君の手をあげる声が聞こえるかと思いきや、

なんとB君は知らん振りしています。

 

結局、教師から叱られたのはA君だけでした。

B君のうなづきは

「とにかく黙っていようぜ、どうせわかりっこないんだから」

というサインだったのです。

 

ホームルームが終わり、B君がやってきてA君に言いました。

「お前、馬鹿だな。黙っていれば俺たちってわかるわけないだろ、

なんで言うんだよ、ば~か」と耳元で言います。

 

こんなときに「あ~、格好悪い・・」

と悔やんだ、ということですが、

これは本当にA君は格好悪いといえるでしょうか。

 

A君一人謝り、叱られ、恥をかき、

B君は謝ることなく、誰からも叱られず、

A君は損をし、B君は得をしたように見えますが、

それは近視眼的な見方です。

もっと高所大所から見れば、本当は謝罪したA君は得をし、

B君は損をしているのです。

 

もしあなたがこのときの小学校の教師でしたら、

申し出たA君に対して、どんな気持ちを持たれますか。

決してマイナス評価にはならないのではないでしょうか。

むしろ「人間的に見込みがあるな」と、

好印象を持つのではないかと思います。

失態を正直に申し出て謝罪するのは基本中の基本ながら、

大人でもなかなか実践できないことですから、

正直に申し出たA君を立派だなと思うと思います。

もちろん立場上叱りはしますが、心の中では、

A君の正直さを好ましく思うのではないでしょうか。

 

クラスメイトとて、A君のことを格好悪いと思わないでしょうし、

すぐ忘れてしまいますし、成熟した生徒ならかえって

「あいつ、まっすぐな奴だな」と、

別の意味で記憶してくれるでしょう。

 

一方、ごまかしたB君はどうかといえば、

教師やクラスメイトの記憶にも残らず、

もしあとで目撃者の発言で、B君も共犯だったと発覚したときには

教師からもクラスメイトからも著しく信用を失い、

悪い意味で記憶に残り、それこそ「格好悪い」結果を招きます。

 

その場その時の事象だけ見るのではなく、

長いスパンで視野を広げれば、

どちらが幸せになるか、明らかでしょう。

 

さらにいえば、人がどう思うかどうかに関係なく、

謝罪のできる人は、やがて問題点を克服し、向上していきますが、

謝罪せずごまかす人は、向上できず、

同じ失態を繰り返し、

ごまかしを重ねなければならなくなります。

慢性化したごまかしは、裏表のある人格になり、

顔つきや態度口調にも、それはにじみ出て、

ごまかしきれないものとなっていきます。

「まいた種は必ず生える」の仏説通りです。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。