親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

人間の本質的な不安とは?皆、いつかは必ずぶつかる問題を仏教は明らかに示している

f:id:kikuutan:20150309174035j:plain

ある看護師の方から聞いた話ですが、

末期を迎えた七十歳代の肝臓ガンの男性患者が

何度も聞いてこられる疑問があるそうです。

 

その疑問というのは

「死んだらどこにいくのかなあ?」

「神はいるの?」

「何もできず、死んでいくだけの今の自分って、なんで生きてるの?」

 

盛んにこんな不安を

口にするそうです。

 

家族の前では気丈にふるまっているのですが、

看護師と二人きりになると、聞いてくる、

それがよけい痛々しかった、とのことでした。

 

「気の弱いことを言わないでください。

 大丈夫、そんな心配はせず、治療を頑張りましょう」

 

これしか言えない

 

でも自分自身、安易な気休めで、

言葉が空っぽだな、と

その人の表情を見て感じ始めるようになってこられたそうです。

 

やがて応対に悩み、

病室に足を運ぶのをためらう気持ちも出てきたのですが、

まもなくその患者は息を引き取っていった、とのことでした。

 

それまでもその看護師さんは

私のメルマガとフェイスブックを読んでくださっていのですが、

この答えが仏教にあるのなら聞きたいと思われて

先日、初めて勉強会に来られました。

 

ガンも末期を迎え、

死を余儀なくされた患者に、

現代医学は何をしてやれるでしょう。

 

モルヒネなどの鎮痛剤や神経への麻酔薬など、

ガンの肉体的苦痛はかなり軽減されてきました。

 

昔のように、激痛にさいなまれたまま死を迎えるケースは、

ほとんど影を潜めたといいます。

 

代わって表に出てきたのが、

死に至る精神的な苦痛です。

 

これにもさまざまあって、

残される家族への思い、

この世でやり残したことへの執着など多岐にわたります。

 

しかし、これらはまだ会話で和らげることができます。

 

最後までどうしても残るのが、死後の問題です。

 

「死んだらどうなるか。死ぬのが怖い」。

 

これこそが、何人にも除きえない、

人間の本質的な不安であると

仏教は指摘します。

 

そしてその解決を唯一の目的とします。

 

その看護師の方には

「ぜひ腰を据えて

 今年一年しっかり学ぶお気持ちで臨んでください。」

とお話ししました。

 

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。