親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

人間の「絶対」に「絶対」はない。「必」という漢字の意味

f:id:kikuutan:20150823082904j:plain

 

【諸行無常(1)】

 

“心コロコロ”といい、

心は盆の上の卵のようにあちこちに動いていきます。

 

いつでもどこでもこれだけは変わらない、という

『不動心』『金剛心』たるものは

持ち合わせていないのが私たちなのです。

 

「あの人と会うために生まれてきた」とのろけていた人が、

今では「最低な奴だった」と言っている。

「死が二人を分かつまで共に支え・・」と誓っておりながら、

今では子供が大きくなったら突きつける離婚用紙を用意している。

「この事業に命かけてもいいです」と言っていた人が

「こんなことおれはやりたくなかったんだ」とぼやく。

 

変わる心とはいえ、まさに180度

こんなにまで変わるのか、と心は変わります。

「必ずビックになってやる。」

「必ず幸せにします。」

「必ず約束は守ります。」

というように、私たちは『必ず』という言葉をよく使いますが、

 

『必』という字は

『心』に『ノ』(クサビ)を打つ、

という意味を持ちます。

ころころと変わりやすい心を変わらないよう

くさびを打ち込むのが『必ず』という言葉です。

「必ず~します。」と口にする時、

このおれの心が変わるものか、と思いこんでの発言なら、

我が身知らずの慢心からでた発言のように思えて

かえって頼りない感じがします。

 

今の決意もころころ変わる自分だからこそ、

心にくさびを打つ気持ちで

「必ず」と発言していきたいものです。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。