親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

愚痴の生き方から智恵の生き方へ

f:id:kikuutan:20080506140957j:plain

 

大阪城から天下を睥睨する秀吉を

信長古参の武将はねたんだといいます。

しかし、厳冬の軒下で、

犬のようにうずくまって、

主君の草履を温めていた、

藤吉郎の姿を知る人はありません。

ねたんだ武将たちはその当時

ぬくぬくと暖かい布団で寝ていたのです。

 

私たちもついつい

相手の収入や、名声、人気、出世など

その人の目立つ部分ばかりに

目を向けてしまいます

飲み会に行けば、

「なんであいつの周りには、

 いつも人が集まって

 女の子もうきうきと楽しそうなんだろ」

あるいは

「いっつもあいつばかり

 上司に評価されるんだよな」

そんなことありませんか。

そして、「なんであいつばかり」と妬むものです。

 

しかし考えてみれば、

その人がそういう成功を得たというのは、

その人に現れた【結果】ですから、

それには【原因】があったはずです。

ではその人に栄光をもたらした原因とは・・・

やはりその人の【行動】にこそ

目を向けるべきでしょう。。

そこにヒントがある。

(なんであいつ儲かるんだろう・・・)

「あっ、ああいう場面で、

 ぱっと手帳にメモしてたな

 だから儲かるんかな、」

とか。

(なんであいつ、人気あるんだろう・・・)

「ああいう場面で、すみません、と

 まず言えるんだな。

 だから人気があるんだな。」

とか。

(なんであいつ、出世するんだろう・・・)

「いや、そもそも心がけが違うなあ、

 だから出世するのか。」

成功の元である行動にスポットを当てれば

必ず相手の言動に

学びたいところが出てくるはずです。

 

「学ぶ」とは「真似ぶ」からきたともいわれます。

私たちは、「目に見えるもの」を通して、

「目に見えないところ」を

学ばなければならないと思います。

成功した人のいいところをまねてゆけば、

己の行動も変わりますから、

【原因がかわれば結果がかわる】

自分も向上できるでしょう。

「結果を見ては意気消沈、ねたんでひがむ」

愚痴の生き方だった人から、

「原因を見て、己の心の向き、言動を変える」

智恵の生き方へ。

思考のパラダイムシフトは

人生を激変させます

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。